Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


<   2004年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧



11月28日 X'mas Shopping

a0014448_1921643.jpgThanx Givingも終わって街はすっかりX'masムード一色に!パイオニアスクエアの大きなクリスマスツリーにも灯りが点り、お店もピカピカの電飾と赤と緑のクリスマスカラーでデコレートされて、いやがおうにもクリスマスへの気持ちが高まりますね★この時期アメリカは一大ショッピングシーズンらしいけど、その気持ちがよくわかる!!買う気がなくて入った店でも何か買いたくさせる力を持っている。うちのルームメイトはクリスマスショッピングのために学生なのに最近週40時間も働いています。私もそろそろ帰るということでお土産を探しに行ったんだけど、うーん、何がいいんだろ。何がほしい?? とりあえず化粧品は安いのでゲット。普通に半額近くだもんね。クリスマスセットもいっぱいでてるし。あとバッファローエクスチェンジ(古着屋)で初めて服を売ってみました!4着くらいもってったんだけど、一着しか売れなかったよー。さすがにジョンケリーTシャツは買い取ってくれなかったか・・・。日本で買ったピンクのニットは18$の値がつけられました。店内クーポンだと50%バックで、現金だと35%バックにで戻ってきます。こんなもんなのかな?あと、夕飯もKFCのチキンを食べて完璧クリスマス気分でした。こっちのマッシュドポテトとコールスローはおいしいね!肝心のチキンは油っぽくて。。。日本でも食べないから比較できないけど。。。
そろそろファイナルが近づいてきてます。みんな勉強がんばろうー!!
[PR]
by oceangil | 2004-11-29 19:01 | Portland


11月26日 Burning Man

a0014448_17143414.jpgここ最近なんかついてないなぁーと思っていたら朝にとどめの一撃をさされてべっこり凹んだ。欝な気持ちを抱えてKPSUのスタジオへ。たとえ感謝祭ホリデイで大学が閉鎖されようとも放送は続けられるのです。っていっても今日はどうせ誰も聞いてやしないんだろーって投げやりな気分に。しかもそろそろネタもつきてきたし、どうしたものやら、と思ってKPSUミュージックライブラリをJapaneseで検索してみると、意外とあったのが海外用特別編集のコンピアルバム。しかもちゃんとアメリカにも通じる感じのかっこいい曲たち!ありがとうソニーミュージック!ショーンもヘルプで駆けつけてくれたし、いっちょ今日もやるかー!ってな感じでKPSUスタッフも大好きポリシックスから放送を始めてみました。いつもはカフェテリアに流れるからなるべくみんなが好きになれるようなポップな曲を流すようにしてたけど、カフェテリア閉鎖の今日は何でもアリ★マスリスナー無視で深夜なノリで行こうと決めたので気楽にできたわ。

♪Today's set list♪
1, XTC / Polysics
2, Count five or six / Cornelius
3, Nothing gonna change / 電気グルーヴ
4, Tragicomic / DJ Clush feat. Aco, Twigy
5, Out Blues / Thee Michelle gun elephant
6, 水写 / Acidman
7, Sterebo Lights / Supercar
6, Everything needs love / Mondo Grosso
7, 花 / Mr. Children
8, 深海 / Mr. Children
9, Culture / thee michelle gun elephant

a0014448_17151992.jpgショーンがやたらミッシェルを気に入ってくれたのが嬉しい☆私が今まで流してたやつの中で始めてCDを買おうとしていたよ。でも解散しちゃったんだよっていったら「君の好きなバンドは解散してばっかりだね」っていわれた。そうだよ、まったく、私の中高時代の青春をともにしたバンドはほとんどが解散してしまいました。チーン。
その後はバーにおいしいオレゴンビールを飲みに行ったよ。やっぱりストレス解消にはおいしいお酒と気が合う友達とのおしゃべりが一番!朝はあんだけ鬱だったのに大分ハッピーになれた。そしてすごい話を聞いたんです。毎年九月にはネバダ州の砂漠の真ん中でBurning Man Festivalっていうヒッピーの祭典が開かれるんだって。そこでは何でもアリで、レイブやったりオペラがあったりアート展示があったりして、全裸にボディペインティングしたりネオンを体に巻きつけたりして参加者全員が傍観者じゃなく何かをアートするのがテーマみたい。さらにすごいのがそこではお金が使えないということ。全部物々交換で必要なものを手に入れるんだって!そしてフェスの最後には自由の女神よりも大きなBurningmanを燃やすらしい。写真を見たらどこまでも続く砂漠と空がとってもきれいで、その自由な夢のような空間にすごくいきたくなった。もしかしたら来年参戦するかも。

http://www.burningman.com (英語) 
[PR]
by oceangil | 2004-11-28 17:15 | Portland


11月25日 Thanks Giving

a0014448_7502288.jpg毎年11月第四木曜日は感謝祭!感謝祭というのは大地の恵みに感謝する日で実家に帰って家族と豪華なディナーを食べるのがアメリカの慣わしとなっています。木曜から日曜まで四連休になってこのシーズンは年一番のトラベルシーズンらしいよ。日本の盆・正月みたいなもので、この感謝祭の日にはほとんどのお店や機関が閉まるんです。しかもこの日はどうやら一人でディナーを食べてはいけない日らしく、何人かの友達から「サンクスギビング行くあてあるの?うちに来る?」って誘われました。TNPでも必須イベントとしてホームステイが義務付けられていて、私はPSUの副学長でありTNPスタッフでもあるマイケルリヤドン教授宅にお邪魔することに。彼の家はアジアのアンティークの調度品がいっぱい置かれていてまるで美術館のようなセンスのいい素適な家なのです。その豪華な雰囲気と副学長という肩書きに怖気づいて私はめっきり気疲れしてしまった・・・。ずっとアメリカンカジュアルにしか生活してこなかったのに久々にフォーマルなところに行くと肩まで凝っちゃうね。これで日本社会でやっていけるのか少し不安になりにけり。
さて、肝心な食事はリヤドンが一人で作り上げた男の料理!感謝祭のオーソドックスなアメリカ伝統料理をつくってくれて、ターキーにスタッフィングにマッシュポテトにグレービーソースとクランベリーソース。パンプキンパイにミンスパイに美味しい5年もののワインで乾杯★教授との会食らしく政治経済の話を肴にしながらお腹がはちきれるまで食べました。しかし!これから突っ込んだ話を聞いていこうと思ったところで酔いの効果とターキーの睡眠成分効果があいまってまだ7時前だというのにすっかりおねむzzz。結局9時には就寝してしまったよ。悔しい・・・。ちなみにリヤドンは白井総長とも奥島元総長とも知り合いらしい。リヤドンが日本滞在したときに総長との食事におよばれしたいなぁ☆☆なんて妄想を膨らませたのでありました。
[PR]
by oceangil | 2004-11-28 07:50 | Portland


11月24日 India & Latin America

a0014448_17405754.jpgポートランドに来て以来一番安くておいしくて量がいっぱいのお店を発見!!その名もTaste of India。これだけの量、ライスにタンドリーチキンにナンにチキンカレーにコロッケみたいなのにライスプティングまでついて、なんと4.5$!しかもその量ときたら昼ごはんに食べて食べ切れなくて半分残して夕飯にまた食べてもまだ残るという、なんと三食分になってしまうボリューム感なのです!!しかも本場のインドの味~♪(行ったことないけど)。その安さの秘訣はきっと屋台だからなんでしょうね。こっちではフードカーっていうらしいです。このお店がある界隈は他にもタイ料理とか色々なフードカーが駐車してあって、どれもおいしいみたいだよ。5thをバーンサイド近くに行ったところにあります。チェキラ★
a0014448_17501144.jpgさて今日はラテンアメリカの革命家チェ・ゲバラの青春の旅路を描いた映画Motorcycle Diariesをみてきました。いい映画だったー!!今年のOne of the bestです。ゲバラと友人が故郷アルゼンチンをバイクで出発してラテンアメリカを旅して回る中で、女の子を引っかけたりダンスしたりインカの遺跡を訪れたり地主に搾取された農民にであったりハンセン病患者の世話をしたりする中で社会に疑問を持っていくっていうあらすじで。愛あり笑いあり感動ありかっこいい男あり。ともすればゲバラを扱うことで政治的なレフティ映画になりかねないところを前述した要素でやわらかくカバーしてあって、それでいて見終わった後には「justiceってなんだ?」っていう固いテーマをしっかり考えさせられる、そんな映画でした。ゲバラがやった社会主義革命って言うのが良いことだったのか悪いことだったのかは私には良く分からないけれど、それでもゲバラのもっていた公平で温もりのあるピュアな人間性は見習いたいと思ったよ。熱いぜ、ラティーノ。
[PR]
by oceangil | 2004-11-25 21:34 | Portland


11月22日 Black Community

a0014448_17482013.gif今日はIRCOのボランティアに行く途中ではちゃめちゃ珍道中がくりひろげられましたっ。前回にも書いたとおり出張ESLクラスをちょっと治安の悪いNorth ポートランドで行ってるわけなんだけど、前回はジュリアナの車で送ってもらったから治安の悪さも感じず何の問題もなくたどり着けたのですが、今回は自分でバスを使っていって大変なことに・・・・。まず、ジュリアナからクラスが行われる住所を吹き込んだボイスメッセージがケータイに届いて、「60th & Killingsworth」に行けって言われたんだけど、それを私は「th & killingsworth」だと勘違いしてしまったのです。それで、そこ行きのバスを調べて6番バスに乗ってNorth Portlandへ向かったところ、停留所で乗ってくる乗客が全部黒人だったりしてだんだんバス内の黒人率が高くなっていて、そこにはいつものバスとは違うやたらファンキーでグルービーな空間が流れていたね。ポートランドには元々人口における黒人の割合が少なくて、20人に1人いるかいないかくらいだけれど、Northでは完璧その割合が逆転していたよ。なんたってメイン通りの名前がMartin Luther King Jr, Blvd。通りから見える店の店員も全員黒人だし、客も黒人だし、普段白人に囲まれていてもそれに慣れたから自分はマイノリティーだと感じないけれど、黒人に囲まれると自分はここではマイノリティなんだとひしひし感じた。で、6th&killingsworthに着いたけれど、どうも雰囲気が違うので、そこらへんの通行人にボイスメッセージを聞いてもらったところ、6thじゃなくて60thだということが判明。54ブロックも東ですか!!それは歩けないなぁ、、、ということでバスに乗ることに。幸い近くからそこにいく72番バスがでていたから乗って、バスの運転手にそこの停留所に着いたら教えてくれるように頼んでおしゃべりをしていたところ、なんだか見覚えのある建物の前を通りすがった。あれ?と思って、「まだかなぁ?」って運転手に確認したら、「OHHHHHH!!!!」っていって頭を抱えてしまった。え?すっかり忘れてただとー??!そこは目的地から20ブロックも先に行ったところだった。「申し訳ないから、これあげるよ」っていって、切符をくれるのかと思いきや、くれたのは「Safer Light」。どうやらここらへんは危ないからこのライトを点滅させて人目につくようにしとけって言うことらしい。ひぇぇ。周りには住宅がなく店もなくただ交通量の多い道路があるだけのバス停でライト光らせつつ凍えそうになりながら待ちましたよ20分。時刻表どおりにバス来ないし!と思ったら2台連なってきたしね。今度は絶対乗り過ごすまいと思って運転手の脇でぴったり立って待機しましたとも。ようやく目的地のバス停についてちょっと迷いつつも教室にたどり着いたのは予定時間の一時間半後でした。そんなに彷徨ってたんだね。ジュリアナも連絡方法もないし授業があるから探しにいけないしっていうんで相当心配だったらしい。何はともあれ無事にたどり着いてよかったよー!ポートランドの知らない一面も見ることができたしね★それに治安が悪いって言っても道を教えてくれた黒人さんたちはみんなとても親切でした!ちょっと怖いかも、って思いがちだけど、実際はそんなこともなく、ファンキーでグルービーでとてもかっこよかった。そして本物のブラックイングリッシュをいっぱいきいて、日本人とかが真似してしゃべってるのはさぞかしおかしいんだろうなぁーと思ったYo! Bro!
[PR]
by oceangil | 2004-11-24 17:37 | IRCO Volunteer


11月20&21日 Eugene

a0014448_1125051.jpgうちの所属してるサークルはこの九月から留学にいっている子が結構いるのですが、そのうちの一人桃井ちゃんを尋ねにポートランドから南に2時間くらいの町ユージーンにミニトリップしてきました。ユージーンはアメフトとバスケで有名なオレゴン大学のある大学町として有名で、さらにもう一つ、ポートランド以上にリベラルなヒッピータウンとして有名です。人口10万人くらいの小さな町はダウンタウンでもビルがなく、むしろ会社というものが存在しない勢いですごくのんびりしていたよ。大学町なだけあってオレゴン大の近くには飲食店がいっぱいあったけれど。行く前から何もないところだよ、とは聞いてはいたものの、うん、ほんとに何もなかったw。さらに、日曜日にはほとんどのお店が閉まる!レストランも服屋さんも閉まっちゃうんだよ。しかもバスは一時間に1,2本の世界だから車がなかったら本当に遊びにいけないみたい。週末は映画を見るか図書館で勉強するかパーティーするっていってた。そう、映画は安いの!!公開後2ヶ月くらいたった映画は1$でみれちゃうんだよ。普通の映画も5$。こんなに安かったら全部の映画見ちゃいそうだよね♪あと、ヒッピータウンなだけあってヒッピー系の服が売ってる古着屋があって、そこの店の一角にはどどんとクサ用のパイプが何百個も堂々と売ってあった。ラブ&ピース★ってなかんじですよ。
a0014448_11435841.jpg夜はオレゴン大シアターメジャーによるミュージカルを見に行った。これまたラブ&ピース★なミュージカルで、戦争なんかするよりもっとラブしようよ!っていうテーマで、主役級の人の歌がほんとにうまくてプロットも良く作られてて本当におもしろかったよー!桃井ちゃんの友達がすごく演劇に詳しい子で、ユージーンに来るブロードウェイミュージカル情報を熱く語っていて、私もかなりインスパイアされました。せっかくアメリカにいたのに今までミュージカルほとんど見に行かなかったのが悔やまれる(>_<)日本じゃありえない安い値段で本場のものが見れるんだから、もっとチェックしないと!

それにしても今回の旅行で私はポートランドのよさを再発見しました。留学先がポートランドでよかった!!!ポートランドは都会だ!レストランいっぱいあるし、買い物もできるし、文化施設もいっぱいあるし、公共交通がとても整っているしタダだし、車でちょっと行けば自然もあるし、街もきれいだし自然も多いしね。ポートランド万歳!
[PR]
by oceangil | 2004-11-24 11:53 | Travel


11月19日 Music Music Music

a0014448_189220.jpg今日は3回目、相方ゆうみがいなくなって初のラジオショーを放送してきたよ。いきなり一人じゃあまりにも心細いから友達に応援を頼んでいたのに、時間になっても来ない・・・。一人じゃしゃべれない(>_<)オープニングでは最小限のことしかいえなかった。これからどうなるのかちょっと不安になる。やっぱり毎回ゲストを呼ぶしかないかな。今日のゲストはコズとショーンとショーンの友達でラジオDJ経験者のジェフ。ジェフは実に慣れた感じでトークを手伝ってくれた。声がもうDJっぽいんだよね。コズもおもいっきり場を盛り上げてくれたし実に楽しい放送になりました♪最初はどうなるかと思ったけど(^^;)、友達に支えられて日々生きている洋子二十歳の秋です。おめでたいこと、ミスがほとんどなかった!!三回目にしてようやくコツをつかんできたよ。ただ、今回は放送をMDに録ってみるという初の試みをしたんだけど、トークから曲に入るときに無音が数秒続いてしまっていることに気付いた。危うく放送事故・・・。しかもトークのときに私笑いすぎ・・・。曲のつなぎはばっちりだったんだけどね。ま、反省点があるということは伸びる余地があるということです。次回がんばろ!
夜には教会で行われたコンサートに行ってきました。昨日のパンクとはうってかわってしっとりとクラシックの合唱を味わってきたよ。きれいな旋律でとっても心安らかな気持ちになったんだけど、気持ちよさ過ぎて寝てしまいました・・・。上質を知る大人の女になりたかったのに・・・。まだまだ子どもです。

♪Today's Play List♪

1、東京 / くるり
2、いつか風になる日 / 元ちとせ
3、Tourist On the 未来'n / clammbon
4、赤いスイートピー / What's Love? feat. Bonnie Pink
グリーンデイにちなみJ-パンク特集
5、nothing / Hi-Standard
6、LIGHT AND SHADOW / Hawaiian 6
7、東京少年 / GOING STEADY
コズ’s ソング
8、hi-ho / hide
9、Escape / Misia
10、雪の華 / 中島美嘉
11、Can you keep a secret? / ウタダ
[PR]
by oceangil | 2004-11-20 18:31 | PSU


11月18日 Green Day!

a0014448_17344097.jpg今日はグリーンデイのライブにいってきた♪グリーンデイはご存知アメリカの人気パンクバンド。彼らはメロコアの元祖でその昔ハイスタも前座をやったりしてたのですよ。名前を知らなくても曲を聴けば「あぁ!」ってなるはず。今年のサマソニにもメインで出演してましたね。サマソニにいけなくて悔しい思いをしてた私ですが、本場アメリカで見れるなんてラッキー★黒Tシャツにリストバンドでばっちりパンクキッズ気取りで参戦してきました!会場はポートランド一でかいローズガーデンで満杯でした。でも、でも、なんでパンクなのにスタンディングゾーンがあんなに小さいの?(涙)下に行って騒ぎたかったのにフロアは売り切れだったから泣く泣くシート席で立ち見・・・。
アメリカのライブっていうのは大体前座がいるものだけど、今回はSugar CultとNew Found Gloryの二組が前座でした。二つも見れるなんて豪華でしょ?!NFGをみるのはこれで二回目。パンクフェスに行ったおかげで大分パンクバンドには詳しくなりましたとも。パンクフェスではメインアクト級だったNFGですが、やっぱ大御所グリーンデイとくらべるとひよっこだったね。グリーンデイは、すごい!!彼らは一流のライブバンドであるだけでなく一流のエンターテイナーだ!!最初の一曲目「American Idiot」からがっつりパンクキッズの心をわしづかみ。タイトな演奏に派手な演出、ジャストフィットな照明。ボーカルギターのビリーはおしりをだしてみたりステージ上でのた打ち回ったり、会場を所狭しと駆け回って、そのたびにスタッフがスタンドマイクの位置を移動していたのは受けたw。でもおバカなだけじゃないんです。歌詞で痛烈な社会批判をしているパンクな彼ら。「なんでブッシュになったんだよー!!」ってかなり怒ってました。はい、ほんとにAmerican Idiotです。
a0014448_1864779.jpgそして本当に感動したのがその演出効果。火柱は立つわ爆発するわ最後には桜吹雪が舞ってたよ。大規模ライブになるとこういう楽しみがあるからいいよね。計算尽くされた照明もほんとにぴったりだった。もちろん演奏もぶれなくて最後までへたることなく2時間全速力!ビリーも確実に歌がうまくなったよね。CDで聴くよりもライブで聴くほうがうまく聞えるって言うのは本物です。
そしてさすがアメリカ!と思わされたのが観客のノリ。モッシュ・ダイブは日本でもあるけど、かなわないのは大合唱!日本は英語だからうたいづらいってのはあるけどね。それよりなにより、待ち時間に流れるSE(BGMみたいなもの)にあわせてみんなが歌ったり踊ったりするんです!!We will rock youでは一緒に足踏みして、YMCAではダンスして、Fight for your Rightでは「Parrrr ty!!!」ってシャウトですよ。ライブが始まる前から会場が一体化してました。
ほんとにほんとに楽しかった♪聴きたい曲全部やってくれたし♪こんなに純粋に楽しめるライブは久しぶりでした♪
No music No life!
[PR]
by oceangil | 2004-11-20 18:05 | Others


11月16&17日 Kailina as a Christian

うちのルームメイトKailina(ケイリーナって呼びます)は敬虔なクリスチャンのアメリカ人です。毎週日曜は当然のごとく教会に行き、大学ではクリスチャンクラブに所属し、バイブルスタディーなどもやってます。今日は最近めっきり仲良くなってきた私とケイリーナas a クリスチャンなお話を二つ。

16日
朝起きてぼーっとしてたら、「朝ごはん食べる?」って言ってアメリカンブレックファストをつくってくれた★マフィンとスクランブルエッグとパイナップル。とってもsweetでしょ?朝ご飯を人に作ってもらうなんて親元離れて三年目の私にとっては激レアな出来事。同居人のありがたみをしみじみ感じました。ちなみにこれが私の食べたケイリーナの初手料理。たぶん前日に私がシチューを作ってフィードして(食べさせたってこと)、「そういや料理作ってるのほとんど見たことないんだけど、料理ほんとにできるの~?」ってからかったからやる気を出したのかもしれない。「朝ご飯は作るのすきなのよ!」っていう言葉どおりとってもおいしかったよ。サンキュー♪
昼の授業が終わって部屋でまったりしていたらいきなり「ジーザスって日本語でどう書くの?」と聞いてきたケイリーナ。ジーザス?!神?!と思って「神」って書いたけど、よくよく考えたらジーザスと神は別物なわけで。「イエスキリスト」って書くんだよーって、教えたの。彼女のいつものJust Curiousだと思って。そしたらなんとこれをタトゥーで彫る!って言い出して。いやいや、イエスキリストなんて片仮名でタトゥーを彫られた日には日本人の同居人としてとても恥ずかしいのでそれはなんとしても阻止せねば!ということで漢字を探したんだけど、「基督」←これでいいんだよね?国際基督教大学ってこれだもんね?片仮名より漢字のほうがかっこいいだろうという主観なんだけど、大丈夫かな? どうやら英語と日本語とヘブライ語かラテン語の三ヶ国語で肩当たりに彫るらしいです。あーぁ、日本で温泉入れなくなっちゃうね。でもジーザスとともに生きていくという彼女の意気込みなんでしょう。

17日
a0014448_1829774.jpg今日も乗りに乗って夕飯をフィードしてくれた。初めて作ったというフィリピン料理。なかなかグーでしたよ。このまま料理にはまって毎晩フィードしてくれないかなぁ★☆その後今年アメリカで大反響を起こした映画「パッション」のDVDを見た。メルギブソン監督のこの映画はキリストの処刑されるシーンを丹念に二時間に渡って描いた映画で、すごく感動的だとかきもちわるいとかいう事前評を聞いていたから期待度大だったんだけど、、、いやぁ、、これは、、、気持ち悪い(T-T)感情的にいっぱいいっぱいのときに一人で見たらド鬱にはまるのは間違いないでしょう・・・。ひたすらサディスティックな映画です。戦争映画は見れる私ですがこれは三分の一くらい目をそむけてしまいました。描写がとてもリアル。血が飛び散って苦悶の嗚咽が耳から離れません。ケイリーナは泣きながらがんばってずっと見てた。これでクリスチャンを50%増しで理解したなーって感じ。十字架がいかにホーリーなものかがよくわかったよ。それに集団心理の恐ろしさと人間真理の汚いところもよく表現されてた。でももう一回見る?っていわれてもお断り・・・。
[PR]
by oceangil | 2004-11-18 18:38 | Others


11月15日 Small ESL Class, Mayan

a0014448_16392599.jpg今日は久々にIRCOでESLのアシスタントのボランティアをした。いつものIRCOオフィスじゃなくて、生徒が住んでるアパートへの出張講座。現地に行く前に、低所得者用アパート、しかも治安の悪いと評判のPortland Northって聞かされたのでちょっとびびっていたんだけど、え、これが低所得者用?っておどろくほどのきれいでかわいいアパート群。しかもバスケコートに畑に公園にコンピュータールームまでついている。政府かどっかのオルガニぜーションが助成金を出しているらしいけれど、これで低所得者用だって言うんだったら日本の学生用ボロアパートはほんとにウサギ小屋だろうなぁ、なんて思った。
IRCOスタッフ兼ティーチャーのジュリアナと現地に着いたものの、教室となるPCルームの鍵は閉まっている。昨日一週間の休暇が終わってドミニカ共和国から帰ってきたばかりで疲労困憊のジュリアナは軽く切れていた。予定時間を10分近く遅れて担当者登場。教室に入ってセッティングをするも、授業開始後10分たっても生徒が来ない。今日は生徒無しなのかしら、疲れてる中はるばるここまで来たのにほんとにバッドラックだわ、と改めて切れるジュリアナ。10分たってようやく生徒が二人来る。五人くらい来て欲しかったのに、、、と困惑顔のジュリアナ。散々です。
さて、今まではアシスタントばかりだった私ですが、今日は疲れているジュリアナに代わりティーチャーしてみました★っていっても、母国語じゃない言葉をあまり英語がしゃべれない人に教えるって言うのは大変なもんです。そもそも発音も完璧じゃないし、文法も完璧じゃないし、こんなんで先生していいんだろか?と思うものの、そこがかえって親しみやすかったみたいで和やかに授業進行することができました。留学で学んだ教訓、やれば何でも何とかなる!
今日の生徒さんはメキシコはユカタン半島からの移民。なんとマヤ文明の末裔らしい。有名な神殿とかの遺跡が残るとってもきれいな町に住んでいたんだけど、そこはとても貧しい地域で仕事がなかったからアメリカに来たんだとか。一人は小学校しか出てないって言っていた。さらに驚いたのが二人とも9人兄弟なんだって!!!マヤではめずらしくないことらしいけど、そんなにいたらそりゃぁ貧乏になるよねぇ・・・。で、一人はもうすぐ三歳になる子供をつれてきてたんだけど、これがまた本っ当にかわいいこでね!!すごくにこにこしてるの。マヤの子どもは笑顔がステキなんだって。マヤ文明だなんて日本にいたら教科書の中の出来事だけど、こうして直に接することができて今日も世界を感じることができたよ。

こんなステキなIRCOであなたもボランティアしてみませんか?
http://www.irco.org/IRCO/
[PR]
by oceangil | 2004-11-16 16:42 | IRCO Volunteer

    

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil