Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


<   2004年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧



7月30日 The Final Training!

a0014448_1743522.jpg一ヶ月あまりにわたって続いたボランティアトレイニングも今日でついに終了!ドメスティックバイオレンス(DV)を題材に、なぜDVは起きるのか、どんな対応が取れるのか、DVを受けた人のトラウマは?などさまざまなことについて学んできたわけですが、参加者は今後それぞれのorganizationで実際的なボランティアを始めることになります。それはホットラインであったりシェルターであったりさまざまなんだけど、私の場合はIRCOで難民や移民のDV被害者のMentor(助言者)としてボランティアすることになります。ほんとにできるのか、とか言語の問題とか不安要素は尽きないんだけど、やるっきゃないっす!がんばるっす!
このボランティアトレイニングを通じて、女性問題を考えるきっかけにもなったし、大学以外のボランティアという場で、さまざまなバックグラウンドを持った多くのアメリカ人女性と知り合うことが出来たし、バスに乗りながら眺める住宅街も好きだったし、いい体験になった。若くてつんとしてるこはやっぱ話しづらかったけどね。おばちゃんと独特の世界観をもってそうな女の子は話しやすいわ。それにしても最後までアメリカ人女性の年齢は不詳だった。若作りと大人っぽいので何がなんだかさっぱりです。
写真はトレイニングの会場となった教室。一番手前のはIRCOの美人ESLティーチャージュリアナ。カーレディオにあわせてラップします。サルサで踊ります。南米にいただけあってラテンノリもばっちり。
[PR]
by oceangil | 2004-07-31 17:26 | IRCO Volunteer


7月29日 about class

a0014448_16592442.jpg
今日もひたすら勉強してついに読み終わったチョムスキー300ページ!がんばったかいがあってオンラインクイズではみごと初の10点満点Getしたよ。がんばればむくわれるんだね(T-T)。クラスメートのおばちゃんは結局読みきれなかったらしく、「あたしでもこんなに難しくて鬱になったから、あなたはどんなに苦しんでいることだろうって心配してたのよ」っていわれた。アメ人でも辛いもんは辛いんだな。もー、ほんとに今週は受験生のようにいっぱいいっぱいでした。終わったら晴れ晴れした!でも来週はまた課題の嵐なんですね。週末は休もう・・・。
で、こんなに苦しんだこの授業はSociology of Mediaといいまして、400番台という大学院生とかも一緒にとる、学部レベルでは一番難しいレベルのクラスなのです。普通はグループワークとかディスカッションが多かったり相当きついらしいんだけど、夏学期だからいつもよりは楽らしい。たしかに基本的にレクチャーだけだし(生徒はバリバリ発言と質問して非常にインタラクティブだけど)、それと一週間か二週間で一冊のペースのリーディングと、オンラインクイズと、オンラインディスカッションを週に三本投稿と、一冊につき一枚のペーパーってのがこの授業の課題なわけです。でも教授が超甘甘で、クラス内容も面白いのでなかなかお勧めクラス。そして相当リベラル、左翼。世の中の何も信じられなくなります。これまで読んだ三冊は、まず一冊目はマーケティングに基づく消費者社会を否定し、モノを買うなと訴え、二冊目はTVの恐ろしさを延々と説きTVを廃絶しようと訴え、三冊目は巨大メディアはすべて政府と大企業とミリタリーに都合のよいようにバイアスがかった報道をしているから信じるなと訴えております。たまに極論過ぎると感じるけど、リベラルなポートランドだとそれが許される感じ。
四冊目は何が来るかなー?!
写真はPSUの憩いの場、Park Aveと生協カフェテリア。
[PR]
by oceangil | 2004-07-31 17:01 | Study


7月27日 28日 i Tunes Music Store

a0014448_1775626.jpg
27日
昨日の引き続きひたすら読書。でも天気がよかったからウォーターフロントで勉強!でも超眠かった。ので、人生初めてベンチで寝るという経験をしてみた。ホームレス気分。日本の公園のベンチはホームレスが寝れないような仕組みになってるけど、ここポートランドでは余裕で横になれちゃいます。なかなか快適だったよ。そしてondineから2ブロック東に行ったところにこんなステキな滝がある公園を発見。こんなに近所にあったのに気付かないとは!まだまだ探検のしがいがあるわ。

28日
勉強にもそろそろ飽きてきたのでネットサーフィンをしてたら宇多田のアメリカ進出盤がi tunes Music Storeで買えることを発見。請求先がアメリカの住所のクレジットカードを持ってないと買えないんだけど、せっかくもってることだし、買ってみよう!と思い立ち、登録して購入~♪ネットで音楽買ったのは初めての経験だったけど、すんごい簡単だね。クリックするだけだし、一曲99セント、アルバム9.99$だから安いし。こんなに楽だったら思わずいっぱい買っちゃいそうだ・・・。思わずこれまた宇多田がtimbalandとコラボしてる曲が入ってるアテネオリンピック公式アルバムまで買ってしまいますた。これデスチャやMobyとPublic Enemyのコラボやあぶりるらびーんなんかも入ってて、さらに全世界から選りすぐりのアーティストが参加しているという代物らしい。さらに売り上げはユニセフによってアフリカのエイズ基金に寄付されるらしい。これは違法コピーじゃなくてちゃんと買わなきゃだね。アメリカに来て以来、落としたり、借りたり、共有したりでまったくCD買ってなかったからそろそろ音楽業界に貢献しようかなってかんじですわ(^^;)

ちなみに宇多田、シングルを聞いた感じだとかなり「utada」って感じになってた。日本じゃないけどアメリカでもない、ポップでもロックでもR&Bでもないジャンルに分けられない彼女独自の音楽。このままビョークみたいな感じで突き進んでいって欲しいもんです。個人的にはもっとポップ感も欲しいけど。ちなみにTimbalandとのコラボのほうはバリバリR&Bで、かっこよかったよ。
[PR]
by oceangil | 2004-07-29 17:33 | Others


7月26日 Study

今週のリーディング課題がかなり大変で死亡中。
ノーム・チョムスキーのメディア政治論を一週間で300ページくらい読まなきゃいけないんだって。おそらく日本語で読んでも難しいだろうに英語で読むなんて。興味のあるテーマだけに飛ばし読みできないのが辛い。しかも徹夜で読もうとしても眠くて頭に入ってこないし、これは日中の時間をすべてリーディングに割くしかない!がんばるっす。
で、今日History of Rockの授業で先週受けた中間試験が帰ってきたんだけど、これがびっくり、なんとDをとってしまったよ。つまり、落ちたってことだよ。ひぇー!たしかに多少なめてかかってたけど、まさかこんなに厳しい評価だとは思っていなかった。でもあと1点でCだったから、これは交渉の余地あり!と踏んで、「ここの答えあってると思うんですけど・・・あと一点欲しいなぁ。One more point please!」ってお願いしたら、「うーん、でもこの答えはちょっと違うんだよね。ファルセットコーラスっていうのはビートルズも使ってる手法だし、ビーチボーイズ特有ってわけじゃないんだよ。ほんとはハーモニーっていうのが答えなんだけど、、うーん、ちょっと考えされてくれ」「でも~、、、」「Ok, わかったよ。一点あげよう!」
よっしゃぁ!!やっぱり教授は甘かった★意外とごねたら点くれるもんなんだね。
あいかわらず教授が何言ってるかはよく聞き取れないものの、あれだけやったビートルズに別れを告げようやく70年代ロックにはいってきたこの授業。タイトルだけ知ってて聞いたことのなかった名曲がいっぱいきけて幸せなり。クラプトンのLaylaって車のCMでイントロしか聴いたことなかったけど、こんなに名曲だったとは。今日はクラプトンとジミーペイジとジミヘンのギターにしびれました☆
[PR]
by oceangil | 2004-07-28 05:32 | Study


7月25日 OMSI

a0014448_591339.jpg昨日に引き続きLawrenceとOMSIにいってきました。OMSIとは、Oregon Museum of Schience and Industryの略で、要するにオレゴン科学博物館みたいなかんじ。生物、地学、物理、化学の全分野の展示があって、高校の授業を思い出したね。思えが大学はいって以来全く理科系のことは学んでいなかった!数学は統計学でやったけどね。だから古い記憶を手繰り寄せるように炎色反応とか質量保存の法則とか思い出してやたらノスタルジックになったよ。しかも体験型の展示が多いから子供の心にかえれる!!ただ、ゆうみもいってたけどここは理系の人と一緒に来るべき。文系にとってはただでさえわからない科学なのにそれを英語で解説されてもさっぱり分からないよ・w。
で、IMAXすごいねー!プラネタリウムを半分に切ってそこに映画を上映するシアターみたいなかんじなんだけど、色鮮やかだし画面でかいし、自分が映画の世界の中に入り込んだ感じになれるよ!そのでかさったら画面の端を見ようと思うと首を動かさなきゃいけないほど。海底に沈んだタイタニックを探査するプロジェクトのドキュメンタリーをみたんだけど、深海は暗くて音もなくて緩やかであまりにも気持ちが良くてfall asleepしてしまいました。。。快適な眠りが欲しい人は是非!!
博物館自体は8ドル、それにレーザーショートかIMAXをつけたらさらに10ドルで合計18ドルもしてかなり高かったけどね。

その後バブルバブルティーがおいしいと評判のお店につれてってくれたんだけど、そこはまたもや中国でした。SE82ndはニューチャイナタウンだ。
[PR]
by oceangil | 2004-07-28 05:15 | Portland


7月24日 Dim-sum

a0014448_16282331.jpg
今日はfocusで知り合いになったチャイニーズアメリカンのLawrenceと台湾人のEnnが本場中国の味のレストランにつれてってくれて点心をたらふく食べた★ほんとに店の中にはチャイニーズしかいなくて、店員さんもチャイニーズでしか話さないし、メニューもなくて店員さんが運んでまわる点心を見て欲しいものだけとって食べるって言う本場スタイル。えびシュウマイは最高にうまい。さらに鶏の足を食べた。足っていってもチキンレッグじゃないよ。そのチキンレッグの先のほんとに足。うろことか爪とか生えてるところ。ちゃんと四つ股に別れてて微妙にグロかったけど、味はまぁまぁだった。魚の背骨みたいな食感だよ。
そしてたぶん華氏100度越えで暑すぎて勉強できなかったからパウエル書店にヤンといって勉強してきた。いや、正確に言うと勉強しようとしたけど本があまりにも難しくて挫折して、日本の漫画を読んで現実逃避をしていた。そしたら見知らぬ日本人の女の子に声をかけられた。どうやらついさっきこのブログを読んだとか。こんなのは初めての体験だったからかなりびびった!ブログやってるとこんなおもしろいこともあるんだね。世間は狭い。
[PR]
by oceangil | 2004-07-25 16:30 | Portland


7月23日 Volunteer ~Assist ESL class

a0014448_16141690.jpg
今日も朝からボランティア~♪先週と同じくChild Careをしようとおもったんだけど、今週は預かれるくらいの年の子供がおらず、暇なのでESLクラスのアシスタントをすることになった。このESLは難民か移民の女性だけの特別クラスで、週に一回英語の基礎の基礎を教えているんだ。生徒はチリやメキシコの南米系、旧ソビエト系、ソマリアやエチオピアのアフリカ系、ラオスやベトナムの東南アジア系がいる。主な難民や移民もこの四種類に分けられるみたい。留学生の場合もそうだけど、やっぱり自分の民族と近いところでグループを作るみたいだ。そのほうが文化が近くて分かりやすいもんなぁ。で、今日の授業は家族の呼称についてやって、Father mother nephew nieceとかそういう単語を覚えて、who is his mother?とかそういうクイズに答えるのを手伝ったんだけど、あたしがアシストしたラオス人女性がちょっと落ちこぼれな感じで、hisって何?っていうところから始まっていて、hisは男のことで~・・・とかつたない英語をつかってがんばって伝えようとしたものの分からなくて、そういうしてるうちに休憩時間になって、彼女は教室を出て行ったんだ。なんか嫌な予感はしたんだけど、彼女が教室に戻ってきたとき涙ぐんでて、今日は帰るっていって早退してしまった・・・。責任を感じてしまった・・・。先生をしているジュリアナに相談したら、彼女は授業中は元気だったからきっと休み時間中に何かを発見してupsetしたんだとおもうわ、、、っていってたけど、あたしには英語が分からなくて悲しくなったからのような気がしてならない。けっしてきつくしてないし、笑顔でニコニコ楽しく教えてたつもりだったんだけど、、、。指導力の無さに凹む。でも基本的に他の生徒はすごく明るくて勉強を楽しんでる感じで、教えやすいんだ。いや、教えるほどあたしの英語力はないけどさ(汗)。
そしてふと思ったのが、難民とか言うと難民キャンプのイメージでものすごい貧しい人たちの気がしてたんだけど、アメリカに来れる難民は必ずしもそういうわけでもないんじゃないか、ということ。どうやらアメリカに来る交通費は実費らしいし、もうアメリカに親戚がいるとかコネクションを持っている人が多いし。これは調べる余地がありますな。
[PR]
by oceangil | 2004-07-25 16:09 | IRCO Volunteer


7月22日 Hot day!! 95F

a0014448_14465299.jpg
今日はポートランド的にはunusualな華氏95度を記録したらしい。摂氏35度。ま、今の日本に比べたらたいしたことはない。でもたしかに日差しは強かったけど、今日は風も吹いてたし、木陰にいたら余裕で涼しかった。部屋にいても全然暑くなかったよ。湿気がないってのはすごい!ポートランド'04夏万歳!
そして、今日は久しぶりに授業がおもしろかった。なんと、教授の言ってること、授業で見たドキュメンタリーが完璧に理解できた。感動!!わかればこんなにおもしろいもんなんだーと思うとおのずとモチベーションが上がってきたよ。最近英語スランプで、もうアジア人に通じる英語がしゃべれればそれでいい。あたしはアメリカ人としゃべりたくて英語を勉強してるんじゃない、世界共通語としての英語を勉強してるんだからJapanese Englishで何が悪いんだ!って開き直ってたんだけど、まぁ、まともな英語がしゃべれるに越したことはないよね。ってことで英語の勉強がんばります。
あと、その授業で知り合いになったおばちゃんとしゃべっていて感銘を受けた。彼女はかれこれもう40年間もPSUの学生やってて、途中子育てとかでブレイクしてたんだけど、去年から学生復帰したそうな。なんで学生に戻ったのかと言うと、学校が大好きなのと、将来Social Workerになりたくて、なるには学位がいるから大学卒業しようと思ったらしいのね。Social Workerになるのは昔からの夢で、でも稼げる職業じゃないから子供がいるときにはお金のことを考えて出来なかったんだって。でも子供が巣立った今ならもう自分のやりたいことが出来るから、前からの夢を叶えることにしたんだって。若く見えるけど、たぶん58くらいだと思うんだ。その年で新しい職業に就こうと思って大学に来るということに感動して。あたし学生が終わったらもう人生決まったようなもんだと思ってたけど、まだまだ先は長いんだ!おばあちゃんになってからでも夢はかなえられるんだ!ってことに気付かされた。
思えば早稲田にいたときも二文生から学ぶことは多かった。社会人がまた大学にはいるって言うのは若者の刺激にもなるし、日本でももっと盛んになるといいのにな。
[PR]
by oceangil | 2004-07-23 14:48 | PSU


7月20日 21日 Fasion of Portland

a0014448_14112925.jpg
20日
Angelineと買い物に行った。目的はタトゥーシール!アメ人はほんとにみんなタトゥーをいれていて、若者の80%はいれているんじゃないか、という勢いなんです。男女関わらず腕とか足首とか背中とか首の後ろとかいろんなところに変な漢字とかが入ってる。「魂」とか「愛」とかはいいんだけど、「」とかさ、、、モト?味の素?たぶんpureっていう意味で選んだんだろうけどね。anyway、タトゥー人口が多いわけです。最初のうちは軽くひいてたけど、最近ではめっきり見慣れてきて、あーあたしもタトゥーしたいー、かわいいー、と思うようになって。でも、日本に帰ってきたときに温泉はいりたいしなー、、、ってことで妥協案がタトゥーシールなわけ。がきっぽいけどねー(^-^;)五日から一週間は持つみたいだよ。

21日
最近Angelineが取ってる日本語のクラスのこたちと一緒にお昼を食べてるんだけど、何人か強烈な子がいてさ。一人は明らかに変で、ピンクの髪でプラスチックのエクステつけてて、ピアスいっぱいでパンキッシュで、えろぐろ系J-rockとギターウルフが好きなEmilyってこ。もう一人は一見普通なんだけど、よくよくみるとめちゃめちゃいっぱいピアスがあいてるの。全部で何個あいてるのか聞いたら18個らしい。耳と舌はもちろんおへそと胸とあそこにも・・・。そしてそんな二人の共通点は、まゆげがないこと!そういうファッションなのかと思ってきいてみたら、「too lazyだから」って。いや、アイメイクとかはしてるんだから眉毛くらい書こうよっていったら、「だってevenにするのが大変なのよ」って。要するに左右対称に書くのが大変らしい。じゃ、そらなきゃいいのに・・・。写真捕獲に成功しだいアップします!!
[PR]
by oceangil | 2004-07-23 14:13 | Portland


7月19日 Mid-term exam

今日はHistry of Rockの授業の中間試験。ロックの授業の試験なんてどんなんがでるんかさっぱり見当がつかなくて、本の課題範囲で100ページくらいあったんだけど、日ごろ授業でほとんど使ってないし、そんなに細かいところから出ないだろうーとたかをくくっていたら、出た。。。では、ここでどんなテストだったのかレビューしてみましょー!テストは主に大三問からなってて、大一はショートアンサークイズ。ビートルズのマネージャーやプロデューサーの名前を答えさせるものから、65,66年に出たCDの名前、MODSとROCKERSの違いを述べよ、など、はぁ?!ってな問題が続出。大2はエッセイ。ヒッピーカルチャーと音楽について述べよ。で、ここは興味あってちゃんと調べといたからまあまあかけた、はず。でもなにぶん英語だからねぇ・・・。大3はリスニング問題。曲が三曲流されてそれぞれのフォーム(verse とかchorusとか)と、誰が唄っているかを当てるという問題。しかも聴いたこともない曲で、かなりあせった・・・。声と雰囲気でthe Beach BoysとRolling Stonesってかいたら、どうやらあたりぽ。三つ目はBob Dylanだと思ったんだけど、一緒に答え合わせをしたおばちゃんによると違うぽい。60年代なんてビートルズしか分からんとよ(- -;)
てか、このクラス、あきらかにおばちゃんおじちゃんのほうがアドバンテージ持ってる気がしてきた。なんたって教授が明らかにレノンびいきだし、60年代ばっかりやってるし。あたしは90年代00年代がやりたかったのに!でもまぁ、楽しい授業です。ちなみに映画School of Rockはお勧めなので皆さん見ましょう。
[PR]
by oceangil | 2004-07-20 16:02 | Study

    

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil