Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


<   2004年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧



六月二十八日 領事館と買い物と授業

就活にむけて日本の時事問題にキャッチアップするためと純粋に新聞読むのが好きで、朝日新聞が置いてある領事館によく通っているのだけど、最近は顔も覚えられてきてて、受付のアメ人のおばちゃんとは挨拶を交わす仲となり、今日は外務省の方ともしばし談笑してきた。そのおじさんはキャリアとかじゃないみたいなんだけど、例のイラクで亡くなった奥さんと飲んだことがあるらしく、ほんとにいい人だったんだよーっていってた。今度いろいろお話を聞かせてくれるように頼んでおいた。これでコネクションつくって外務省バイトとかしてみたいなー☆☆
でもアメリカにいて日本の新聞ばっかり読むのはよくないということで最近ようやくアメリカの新聞も読むようになりました。大学で朝にthe new york timesを配ってるらしく、dayoungがあたしにdeliverしてくれるようになったのだ!こっちの新聞は平日でも日曜版のようにいろんな別冊が着いてくるんだよ。money life sportsとか全部別になってるの。
で、今日もいい天気だったからdayoungと夏服を買いに行った。Rossで日本じゃ絶対はけないだろって言うくらいなデニムのミニスカを購入。女子高生並み。何故ならhere is Americaだから。サングラスもかっちゃった。気分はLAのセレブです。いや、程遠いのは自覚してるから突っ込まないでね。
そいでロックの歴史の授業に出たわけなんだけど、眠かった!!だって何しゃべってるかわかんないんだもん!!!教授のくせにそのカジュアルなしゃべりっぷりはないだろってくらいルーズなしゃべりかた。凹むわ。今日は60年代前半のロックについて。主にthe Beatlesとstonesについて学んだ。絶対あの教授は60年代にヒッピーだったのだろう。そのうち写真とって載せよう。
[PR]
by oceangil | 2004-06-29 16:37 | Portland


六月二十七日 Gay Festival その2

a0014448_124055.jpgそして会場には多くのドラッグクイーンがいたわけですが、おかまちゃんは日本とそんなに変わんないんだなと思った。しぐさとか、メークの濃さとか同じだし。でもこっちの人のほうがもともとの顔が濃いだけにやたら濃い顔になっててtoo muchだった感は否めない。この写真の人はロリっぽくてめだってた。そして、なぜか彼らはみんなヒールが高い靴をはくからでかい。「写真とってもいい?」ってきくと愛想良く「sure!」って答えてくれるから、あちこちでちょっとした写真撮影会になってた。どう?かわいい??
[PR]
by oceangil | 2004-06-28 12:42 | Portland


六月二十七日 Gay Festival

a0014448_12356.jpg今週はGay Pride Weekだったらしく、その締めくくりとしてローズガーデンの野外音楽場でGay Festivalが行われてブライアンに誘われていってきました。ポートランドは一時期ゲイの結婚を認めていたこともありゲイ率の高い都市なんだけど、会場には千人を超えるゲイの人たちがいたと思われる。このGay FestivalはGayの人権を高めるのとGayの人に奨学金をあげるための寄付集めが目的で18年前から年一回行われていたんだけど、いくつかの要因があって今年が最後の開催となってしまったらしい。このフェスの主なアトラクションはドラッグクイーン(おかまちゃん)のショーで、それとゲイの人がパートナーを見つける場でもあるらしく、そこらへんでゲイの人たちが抱き合ったりキスしたりナンパしたりしていた。ブライアンの友達もゲイで、「now on saleで73% price downでお買い得だから誰か買ってくれ!!」っていってた。彼らは本当におもしろいし優しい。しかもゲイの人って言うのはヘテロよりもおしゃれでかっこいいと思う。ゲイにもいろんな種類があって、ブライアンの友達は一見するとゲイっぽくない。彼は「too much gay」は好きじゃないらしく、いかにもゲイです!ってかんじのfeminineなかんじのはダメっていってた。ゲイの人と男の好みを語るとなかなかおもしろいのです。
私はもともとゲイにそんなに偏見を持ってはいなかったけど、このフェスに来てさらに人を愛するのに男も女も関係ないよなっておもうようになった。彼ら、彼女らは本当に幸せそうだったし、特別な人なんかじゃない。そこらへんにいそうな普通の人だった。最初キスしてるのを見たら「!!うわぉ!!」って思ったけど、だんだん見慣れて普通のことになったし、きっとこれは慣れの問題だよ。ヘテロのブライアンと悟には彼ら手を出さなかったし。でも誰にもナンパされなかったブライアンは「ある意味侮辱だ」っていってた。男としての魅力がないってことかしら。そういうあたしもレズの子に見向きもされなかったのでちょっと悲しい・笑。

Peacock in the park 今日のイベントのHP
[PR]
by oceangil | 2004-06-28 12:36 | Portland


六月二十六日 Canon Beach

a0014448_153246.jpg友達が車を買ったということでドライブにつれてってくれました。目指すは太平洋!一時間半くらいのドライブで着いた先はCanon Beach。Oregon Coastは奇岩が多くて有名らしいんだけど、ここのビーチにもありました、変な岩。一枚岩でこんなにでかいのはエアーズロックか、ここの岩かっていうくらい(?)観光名所になってるようで。今日はあったかかったんだけど、海はさすがに冷たかった。オレゴンの海はたとえ真夏でも寒くて泳げないらしい。だから日本と違って海辺に人がうじゃうじゃいるんじゃなくって、まばらーに人がいて犬を連れてフリスビーしたり凧揚げしたりスキンボート(波打ち際でやるサーフィンみたいなの)したりほのぼのした雰囲気の海岸だった。日焼け止め塗るの忘れたらひりひりすっかり日焼け。しかし!American Value的に日焼けはいいことらしい。日焼けしたって事はどっかに遊びに行って休みを満喫したって言うことだし、焼きすぎは肌に悪いけど少しの日焼けは逆に肌を日差しから守ることになるんだと。日本ではいかに日焼けしないかが重要なのにね。
そしてもうこないだで最後かと思っていたアンドリューに再会。cyber shotの最新版で2.5インチくらいのでかい液晶があるデジカメを今日購入したようで「portlandの写真持ってなかったからとって行かなきゃ」といい、ぱしゃぱしゃとっていた。アメリカ人は普段は写真取らないみたい。だから日本人がいつも写真とってるのをバカにするんだよね。そんなアンドリューも明日の朝の飛行機で本当にフランスに旅立ってしまわれます。au voir. Andrew!(スペル違うかも。)
[PR]
by oceangil | 2004-06-27 15:34 | Travel


六月二十五日 華氏911度

a0014448_15215.jpg今日はカンヌ映画祭グランプリのマイケルムーア監督の映画、Fahrenheit 911(邦題・華氏911度)の公開初日、ということで政治学部のブライアンと悟と張り切って見に行ってきました!Bowling for Columbineもおもしろかったし、ブッシュ批判映画だし、カンヌグランプリだしこれはみるっきゃないだろーとおもって公開初日を指折って待ってたら、他のアメリカ人も同じように考えていたようで、平日の昼間なのにもかかわらずダウンタウンの映画館ではAll Sold Out! ここで諦めたら女が廃ると思ってロイドセンター(郊外のショッピングセンター)までブライアンの車(Audi。白革張り)でひとっとびしていったら、夜の回は売り切れてたけど夕方の回はまだ何とか残っててようやくみることができました。アメ人のリアクションはとてもでかかった。ブッシュを皮肉ったりバカにしたりしている場面では皆大いに笑い、戦争の惨状を伝える場面ではすすり泣きが聞こえ、映画が終了した後には大きな拍手が満席の会場を包んでいた。
映画の感想・・・。とてもリアルなアメリカ、イラク、政治、戦争がそこにはあった。ニュースなどの客観的な数字などではとても図り知ることのできない戦争の痛みつらさ苦しみが伝わってきた。そしていかにブッシュ政権が偽りのものであるかも。正直、英語は半分くらいしか聞き取れなかったし、細かいニュアンスなどは分からなかったのだけれど、映像から伝わってくるものだけでもとても大きかった。傷ついたイラクの子供の残酷な傷跡、爆弾で吹き飛ぶ人負傷する人、イラクの民衆によって焼かれ引き摺られ宙釣りにされたアメリカ兵士、戦争に行った息子を失った母親、爆撃で家族を失った母親、職が無くてしょうがなく兵士に志願する下層階級の若者、それらを人事のように論じている政治家。What's going on?
戦争はテレビの中で起きているんじゃない、実際にこの世の中で起こっているんだっていうことを改めて考えさせられる作品だった。すごくショックでかかった。これはすごいプロパガンダになる。中立の立場でものを論じているんじゃない、プロパガンダだ、と思う。いい映画だとは思わないけれど、すごいドキュメンタリーだった。もう一回日本語字幕つきでみなきゃな。
戦争ってなくならないのかなぁ・・・。
[PR]
by oceangil | 2004-06-27 15:22 | Others


六月二十四日 dayoungだよん

a0014448_172033.jpg今日は今週から新しくルームメートになったダヨンについて書きたいと思います。
なぜか平日にもかかわらずパーティーが三日続けてあって家にいなかったからなかなか話す時間がなかったんだけど、今日はsociology of media(400番台=レベルが高い。院生と同じ授業。でもかなりおもしろそう!教授もいい人!!)の授業がイントロだけですぐ終わったから早く家に帰れてダヤンと過ごす時間が持てた☆ひさびさに自炊してキムチチャーハンをつくった!でもキムチとはいえ、あたしがつくった。ダヨンにkorean foodいっぱいつくってもらおうとおもったのに、あまり料理できないらしいよー。残念。でもコチュジャンはもってて、味が薄いっていっていっぱいつけてた。コチュジャンうまい!韓国料理ラブ。そしてダヨンは漫画好きだということが発覚。週に二回漫画喫茶に通ったりもしていたらしい。日本の漫画を貸してあげたらがんばって読んでた。ダヨンは高校生のときから日本語を勉強していて、来年は早稲田に留学しようと考えているのです!アメリカに留学した後に日本にも留学なんてほんとにすごいよね!彼女なかなかの努力家です。英語ぺらぺらだし。で、ダヨンは敬虔なクリスチャンでもあるのです。一緒に聖書に基づいたディズニー映画を見た後に、キリスト教について説明してもらった。アメリカに来て以来やたらと触れる機会のあるキリスト教だけど実はなんだかよく理解してなくて、それがダヨンの話を聞くことによってすっきり整理された。ダヨンは自分の宗教を押し付けようとしないところがいい!すごく納得できる話し方をしてくれたし。思わず改宗してしまいそうだった・笑。でも、宗教って不思議だなぁ。何千年も前からあって今まで脈々と続いているんだよね。そこまで人をひきつける魅力は何なのかよくわからなかったんだけど、彼女の話を聞いてると、人とのつながりと環境というのが大事なんじゃないかと思った。周りがみんなクリスチャンやイスラム教徒だったら自分がそれを信じるのは当たり前のことなんだろうな、と。なぜ教会に行くのかと言うと、自分ひとりだと神を信じられなくなったりするけれど、他の人と一緒だと共に励ましあいながらがんばったり、もっと勉強できたりするからなんだと。それがカルトに走っちゃうと集団催眠になるんだろうなぁ。だから宗教って言うとちょっと怖いイメージが自分の中にはある。自分の意思じゃなくて他の人の意思によって動かされている感じ。たとえ何かに対して疑いを持っても、集団の中ではそれがかき消されてしまうような気がする。クリスチャン一人一人はとてもいい人なんだけどね。
日本の宗教ってどうなの?昔から無宗教の人が多かったの?なんで今みたいなことになったんだろう?調べる余地があるなぁ。
[PR]
by oceangil | 2004-06-25 17:21 | Others


六月二十三日 Papa's Birthday sub party

a0014448_164736.jpg今日はいつもお世話になってるPAPAの81歳の誕生日会!本当の誕生日会は先週行われたんだけど、旅行にいってたりしていけなかった人のためにサブパーティーがひらかれたわけです。会場はPAPAの家でガーデンパーティー。お年寄りやら女子学生やら20人ばかしが集まってPAPAの誕生日を祝ったんだけど、81歳にもなってこんなにもたくさんの人の祝ってもらえるなんてすごいなぁ、PAPA。でも自分で電話かけてきて、自分の誕生日会をやるからおいで、なんていって人を集めるのもなかなかすごい。その調子でこれからも長生きしてほしいね!!
[PR]
by oceangil | 2004-06-25 16:48 | Others


六月二十二日 Good-bye Andrew

a0014448_53431.jpgアンドリューが来週からフランスに留学しにいってしまう!!ってことで最後にアンドリューと飲みたいってことでバーにいってきました。ID貸してくれたしょーこまじありがとう!!アンドリューはアメリカ人なのにヨーロッパ人っぽい気品の香りがするとっても意識が高くて知識の豊富な優しい人。(五月二十三日の日記参照。)その素敵さゆえに一度知り合ったら男女問わず彼のファンになっちゃうのだ!まーじで、素敵。かっこいいっていうか、ステキ。そんなステキなアンドリューが連れて行ってくれたのは、バーンサイド沿いにあるおしゃれなジャズバー。そこではジャズバンドが生演奏をしている上に、そこのバーは自前でビールを作ってる(breweryっていうらしい。醸造所。)ので、お酒がとってもおいしい!ビールだけで二十種類くらいあったよ。おいしいお酒を飲みつつステキなジャズを聴きながらアンドリューの語る教養のある話に耳をかたむける・・・うーんトレビアン。はしごしていった二件目はDJがプレイしてるバーで、そこもまた自家製のビールを作ってるのだ。でもなぜか昨日はあたしもゆうみも酒の回りが速くて一杯でいっぱいいっぱいになったから二件目ではろくに飲めなかった・・・。自家製ビールはアルコール度数が高いの??ちなみにそのバーはゲイストリートにあったのでゲイの客がいて、マサとモリはひどい被害にあっていました。トイレにいってくるっていったら「May I help you?」って。何を手伝うっていうんじゃー!!!なんでゲイってあんなに積極的なんだろう。
アンドリュー語録。「どの街もどの国もただ訪れるだけじゃ分からないことがいっぱいある。表面しか見えないから。だから僕は興味を持った街や国に住んでみたいと思ったんだ。でもたとえポートランドに三年住んだとしてもまだまだ僕はポートランドについて知らないことが一杯ある。アメリカについてだってまだぜんぜんしらない。いろいろな人がいていろいろな文化がある。完璧に全てを理解することなんてできないけど、それを少しずつ知っていくのは楽しいことだよ。」こんなかんじ。違ったらマサフォロープリーズ。
あたしもアンドリューみたいなsophisticatedな優しい人になる!!!
[PR]
by oceangil | 2004-06-24 05:35 | Portland


六月二十一日 Summer term start!

a0014448_95020.jpg朝五時にカナダからポートランドまで写真のグレハンバスに乗って帰ってきてondineについたら、入り口の前に消防車がとまってるしやたら早朝の割りに人がいっぱいいるし、いない間に火事でも起こったの??!とおもったら、どうやら避難訓練だったらしい。早朝にやるなんてほんとに迷惑だね。サイレンが鳴り響いていたらしい。でも気づかないで起きなかった人も結構いたとか。本当の火事だったら焼け死んでるよ(汗)。
今日からうちにもルームメイトがきました!名前はda young。コリアンのかわいい女の子です。今までずっと一人部屋で10年くらい過ごしてたからルームシェアなんて大丈夫かなって思ってたけど、意外と全然大丈夫。今のところ問題なし!英語力もアップしそうだ!なんたって朝目覚めてまずしゃべる言語が英語。寝ぼけてる暇はないよ。
で、今日は忙しかった!朝の五時に帰ってきてちょっと寝て九時半からESLの授業で、昼から旅の荷物をアンパッキングして整理してたら、かずきが取ろうとしてた授業がいきなりキャンセルになって新しい授業見つけなきゃいけないからシラバス貸してくれってやってきて、そんなことがありえるのか!と思い、慌ててクラス登録してみたら、なんと取りたかった授業(メディア社会学)が満員で、あせって事務所に行って教授に電話してみたら最初の授業のようすをみて追加で取れるかどうかきめるっていわれた。あせる。そして食料品買出しに行って、五時から授業。その名もhistory of rock and roll。夏だしこれくらい趣味の授業を取らないとやってらんないよ。でもなんと四時間の授業。長い。さすがに長い。ずっと座ってると腰が痛くなったよ。先生は長髪で丸めがねの六十年代の若者のような先生で、当時のロッカーっぽい雰囲気で、かなりおもしろい。先生なのにスラングを吐く。授業内容はロックの歴史について50年代くらいからずっとやってくみたい。音楽聴いたり映画見たり音楽理論もちょっとやったり。遊びのようなもんです。楽勝科目バンザイ!
9時過ぎに授業が終わってからはベンちゃんのfarewell party。ベンがついに水曜でondineをでていっちゃうのです。。。いろんな話教えてくれたり映画つれてってくれたりCDかしてくれたりDVDかしてくれたり英作文チェックしてくれたりかなりかなりお世話になってたからいなくなっちゃうのが本当に悲しいよ。ベンは9月から早稲田に交換留学生としているので早稲田の子は友達になってあげてください。たまにくだらないジョークを連発するけどいい人です。
まじでほんとに友達がみーーーーんないなくなっちゃう。新しい友達作らなきゃなぁ。。
というわけで、ほんとうに長い一日でした。
旅行のページトップページだけ作った。blogになれるとwebを最初から作ってくのは非常にめんどくさい。
[PR]
by oceangil | 2004-06-23 09:51 | PSU


帰ってきました!!

ようやく旅から帰ってきましたー!!
シアトルは都会だった!ポートランドなんて目じゃないね。カナダはステキな国だった!!ビクトリアは花の町でイギリスのようだったし、バンクーバーではゲイストリートにいってゲイカルチャーをより味わって、naked beachにいって普段はみれないものが見れたり、フェリーからはじまる出会いの連鎖があったりと、個人旅行ならではの旅を満喫したって感じです!
リフレッシュしたー☆☆
旅日記はこちらに後日掲載予定。よかったら見てくださいな。

メールの返事返せなくてごめんなさい。今から返します!!
[PR]
by oceangil | 2004-06-23 07:20 | Travel

    

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil