Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


カテゴリ:Portland( 67 )



12月12日 Good-Bye Portland

これを書いている今は朝の三時。あと二時間で9ヶ月間住み慣れたOndineからも退寮です。もう留学が終わって日本に帰るんだって言う実感も、みんなとお別れをしているうちに少しずつ出てきて、切ないような寂しいような、それでも日本に戻ることによる興奮と嬉しさとごちゃまぜになって不思議な気分。あと20時間後くらいには日本にいるんだなぁ・・・。
今は頭が朦朧としていてまともな文が書けそうに無いので、最低限だけ。

両親へ。
こんな素敵な留学という機会を与えてくれてありがとう。とても感謝しています。お父さんとお母さんのサポートのおかげで快適な生活をおくることが出来たよ。

日本の友達へ。
メール送ってくれたり、遊びに来てくれたりしてありがとう。アメリカが嫌になったときとか日本の友達の存在はかなり心の支えと励みになりました。もうすぐ会えるのを楽しみにしてるよ!

アメリカの友達へ。
楽しい留学生活に出来たのもみんなのおかげです。日本に帰ってもKeep in touchでよろしく!

このブログを見ててくれた人たちへ。
つたない文で、最近更新も滞りがちなお粗末なブログだったけど、今まで読んでてくれてありがとうございます。たぶんしばらく更新できるかどうか分からないし、長くとも今年中に閉める予定ですが、それまでよかったらお付き合いください。日本でのカルチャーショックとか書きたいネタがあるので。ポートランドから発信するのはこれが最後ですね。
このブログのおかげで知り合えた人も多かったし、自分の課題だった何かを発信・表現できる人になるということが少しだけかなえられました。毎日更新するのは大変だったけど、ネタを探すためにいろいろ見て回って、感性の感度も高くなったような気がします。

ブログやってて良かった!!

でもたぶんもうちょっと続くよw。

とりあえず
ありがとうポートランド!!また会う日まで!!らぶゆー!!
[PR]
by oceangil | 2004-12-12 20:32 | Portland


12月4,5,6日

ども。洋子です。残り二つのファイナルと帰国準備と友達に会うのに追われてブログも滞りがちです。すいません・・・。忙しいので三日分まとめてどん!もはやこれは個人的な記憶の書留帳にすぎないので人に見せるようじゃないかも。。

4日
あやのとKJとトミの誕生日パーティー。でも実際に4日が誕生日の人は誰もいなかったり。みんなでごはんもちよって楽しかった。夜中にはおそろしいことがおこなわれていたらしい。

5日
NBA!
a0014448_521894.jpg
Portland Blazers VS 田臥所属のフェニックスサンズの試合。でもタブセはベンチ入りすらしていなかったのでどこにいるのかすらわからず。どうやらタブセのポジションであるポイントガードがめちゃうまいらしいってきいてたんだけど、まじでうまい。13番。すごい。一人で何十得点も挙げていたよ。いやー、それにしてもみんな大きかった。手が長いし。ボールが手に吸い付くんだよね。10$の席だったけど会場全部が見渡せたしなかなかよかった。でも次はもっと間近でみたいなー。やっぱ遠いと迫力が・・・。前高総体でみた仙台高校の試合のほうがすごく感じたくらいだ。そしてNBAって国際ルールと違うんだね。自分が体育の時間に慣れ親しんだバスケとは大分違ったから戸惑ったよ。結局ブレイザーズは20点差近くつけられて負けてしまいました。試合終了後観客からブーイングをもらっていた。ホームゲームなんだから勝って欲しかったね。

6日
IRCOで最後のボランティア。思えば半年もやってきたわけです。いろんな人に出会えて楽しかった。日本に帰っても続けたいな。推薦状ももらったし。その後KPSUにいってその豊かなミュージックライブラリからCDをリッピング。満足。私のラストショーは今週金曜日四時→五時。結構友達ゲストできてくれるみたいだし、チェキラーです。
[PR]
by oceangil | 2004-12-08 05:31 | Portland


12月3日 Busy Friday

a0014448_932724.jpg昨日は結局4時くらいまで飲んでダウンして8時半に起きて最後の授業へ。昨日でTNPはクローズされたはずなのに、なぜか今日もESL。最後ということでクラスのみんなとまたもや写真撮影大会。私は三ターム続けてキャリーの授業だったのでなかなか思い出深いのです。いつも遅刻してごめんなさい。「最後まで遅刻したわね」っていわれちゃった。てへ。授業後は家賃を払いに行きMove outの申請をして、ブラックキャットヤマトさんに宅配便を頼みにワセオレへ。33lbs(約15kg)で86$でした。日本から郵便で送ったときは7kgで一万越したことを思うと大分安い!円高バンザイ!そしてGLobalizationの最後の授業へ。世界経済と政治について多くのことが知れていろんなことを考えさせられたいい授業だった。
授業後はKPSUにスタジオ入りしてラジオショー。なんとうれしいことに、Mondo Grosso feat.KJのShinin’を流してたときに「今何の曲流しているの?」ってアメ人から問い合わせが!自分の番組がちゃんと聴かれているんだっていう嬉しさと、アメリカでも日本の音楽は通用するんだという確信を得てかなりの満足感。それで調子に乗ってJ-popを避けてアメ人受けしそうな曲ばかりを流そうとしていたら、ショーンに「日本の音楽を紹介する番組なんだから、アメリカ人にどうおもわれるかなんて気にしないで、純粋に君が好きな曲を流せばいいんだよ」って忠告が。そっか、そうだよね。やっぱ私はJ-popが好き!と思い直してバンプやジュディマリをかけた。そして番組が終わって次のDJにブースを早く明け渡すためにあたふたしてたらまたもやショーンから忠告が。「そんなに人にniceにしようとばかりしていたらアメリカではrespectされなくなるよ。ちょっとくらい遅くなったって誰も気にしないんだから、Take your time」っていわれて、がーーーーーんってきた。harmonyを大事にしようとする日本人とマイペースなアメリカ人の違いを感じた。
夕方からはボランティアをしにいってるIRCOのスタッフのジュリアナが私のお別れ会を開いてくれるということで彼女の家で手作り料理をごちそうになった♪彼女はベジタリアンということで肉無しだったんだけど、それでも十分満足できるおいしさ★私も肉の量減らすようにしよう。。。三人でハウスシェアしてるその家には暖炉があって犬がいて、暖炉の前で犬をなでながら色々なことを語っていると、あぁ本当にアメリカに来てよかったなっておもった。アメリカの家って広くてきれいで大好き。両親がヒッピーだというジュリアナはとってもリベラルで世界各地を見て回っていて色んなことを知っている、頭のいい独立したかっこいい女性。私もそんないい女目指して日々がんばりたいものです。
帰ってからはエルサルバドル出身、ヨンスーの誕生日パーティーへ。ラテンのノリを感じるのもそろそろ最後かーとばかりにサルサを踊ってきました。ほんとに帰っちゃうんだよなー自分。まったく実感ないんです。感性をバリバリ上げてポートランドとアメリカを感じつくして生きよう。
[PR]
by oceangil | 2004-12-05 10:10 | Portland


12月2日 TNP Closing Ceremony

a0014448_844377.jpg
今日は我らがTrans National Programのクロージングセレモニーでした。TNPというのは早稲田の全学部から2年生から4年生まで総勢28人の大所帯で行われる留学プログラムです。私もその一員として今年の三月末から今までここポートランド州立大学で留学生活を送ってきました。このプログラム、オプションで3月まで延長できるものの正式には12月の秋学期終了をもってクローズとなるのです。半数の14人は残るけど、後の14人は就活や旅などそれぞれの理由でTNPを巣立つことになります。セレモニーではESLクラスでお世話になったCareyとGlenにスピーチをしたり(感涙)、歌を歌ったり、思い出の写真のスライドショーをしたり(爆笑)、最後は写真撮影大会をして、まるで卒業式のようにわいわい騒ぎました。
最初は「なんでこんなに人が多いんだろう・・・」と不満を抱いたこともあったし、みんなとうまくやっていけるのかも不安だったけれど、今となってはみんないい仲間だと思っているし、毎日が修学旅行のような楽しい寮生活を過ごせたことが私の一番の思い出となっています。プログラムで集団できている、という点で交換留学とは比較にならないほど楽な思いをさせてもらえて、周りに友達もいっぱいいて寂しいことはほとんどなかった。その分スポイルされたし、お金も割高だし、ESLをとらなきゃいけなかったっていうマイナスポイントもあった。集団生活というものもとことん考えさせられた。でもやっぱり、この約9ヶ月間をともに過ごした仲間たちと数々の思い出を得れたことで、私はTNPという留学形態をえらんだことに間違いは無かったと言えます!

ありがとうTNP!
ありがとうみんな!
日本に帰ったら毎年同窓会をしようね★


って、まだ私の留学生活はつづくんだけどね。あとファイナル二つです。がんばろう!

追記。
いつもHPみてるよっていってくれるTNPのみんなへ。最後くらいコメント書き込んでくださいな!お願いだよー!

追追記。
このセレモニーの後かずきの部屋で二次会をやっていたところ、あまりにも騒がしかったらしくてかずきの隣人がやってきて、
「ARE YOU TOTALLY FUCKIN' ASSHOLE???!!」
ってリスニング教材バリの聞き取りやすい英語で怒ってきた。それに対するかずきの言葉。
「ドゥーユーノー 治外法権?」
治外法権ってあなた!日本語でいっても分かるわけないやん!!
このやりとりは伝説として私の中に刻み込まれるでしょう。笑
[PR]
by oceangil | 2004-12-05 09:05 | Portland


11月29日 Guatemalan

a0014448_1851774.jpg毎週月曜はIRCOのボランティア。先週は迷って一時間半もさまよっただけに今週はリベンジ!と思ってばっちりバスも乗り換えも調べて行ったのに、肝心のバスの行き先を見間違えて乗り間違えました。ははは。8番バスだと思って乗ったら19番だった・・・。そろそろコンタクト導入の時期かしら・・・。幸い方角はあながち間違いじゃなく2回バスを乗り換えた後たったの20分の遅刻でつくことができた!!進歩進歩!留学してからめっきりフレキシブルになりました。なにがあっても戸惑いません!なんとかなるさーの毎日です。さて、ついたは良いものの、肝心の生徒さんが30分過ぎてもきませんでした。「今日はもうこないわね。帰りましょ!」というジュリアナの鶴の号令のもと、さっさとその場を去ることに。何もしないで帰るなんて、このあげてきたモチベーションとエネルギーはどこにもっていけば??!
ということで急遽グアテマラ人のネルソンの家に遊びに行くことに。Thanx Givingでグアテマラ料理を食べさせてあげるよって誘われてたのに行けなかったのでリベンジしたよ。グアテマラ料理っていうかなぜか焼きそばと海老天を食べさせてくれたw。あとライスプティングみたいなものをつくって、これはアメリカのライスプティングなんかとは違うんだ!一緒にしちゃだめだ!!っていってた。彼はアメリカが大嫌いなのです。。。小さいときにグアテマラから移住してきていやな目にあったみたいです。まぁ、グアテマラもアメリカにいろいろ介入されたり搾取されたりしているみたいだしね。。。グアテマラは貧乏だから帰りたいけど帰りたくない、でもアメリカも嫌いだから将来はスペインに住みたい、みたいなことをいっていたよ。ラティーノはいつも陽気にしてるけど、ラテンアメリカは経済的に大変だもんね。でも私はラテンのノリと文化に心引かれる!!それも日本にいたら気付かなかったんだろうなぁ。ここまでアメリカにラティーノがいるとおもってなかったし。スペイン語の魅力とラテンダンスの魅力と音楽の美しさ、ラテンのなんでも楽しんじゃうノリを感じれたことも留学したことの一種の財産だな。将来訪れてみたい国々がまた増えました。
[PR]
by oceangil | 2004-12-01 18:03 | Portland


11月28日 X'mas Shopping

a0014448_1921643.jpgThanx Givingも終わって街はすっかりX'masムード一色に!パイオニアスクエアの大きなクリスマスツリーにも灯りが点り、お店もピカピカの電飾と赤と緑のクリスマスカラーでデコレートされて、いやがおうにもクリスマスへの気持ちが高まりますね★この時期アメリカは一大ショッピングシーズンらしいけど、その気持ちがよくわかる!!買う気がなくて入った店でも何か買いたくさせる力を持っている。うちのルームメイトはクリスマスショッピングのために学生なのに最近週40時間も働いています。私もそろそろ帰るということでお土産を探しに行ったんだけど、うーん、何がいいんだろ。何がほしい?? とりあえず化粧品は安いのでゲット。普通に半額近くだもんね。クリスマスセットもいっぱいでてるし。あとバッファローエクスチェンジ(古着屋)で初めて服を売ってみました!4着くらいもってったんだけど、一着しか売れなかったよー。さすがにジョンケリーTシャツは買い取ってくれなかったか・・・。日本で買ったピンクのニットは18$の値がつけられました。店内クーポンだと50%バックで、現金だと35%バックにで戻ってきます。こんなもんなのかな?あと、夕飯もKFCのチキンを食べて完璧クリスマス気分でした。こっちのマッシュドポテトとコールスローはおいしいね!肝心のチキンは油っぽくて。。。日本でも食べないから比較できないけど。。。
そろそろファイナルが近づいてきてます。みんな勉強がんばろうー!!
[PR]
by oceangil | 2004-11-29 19:01 | Portland


11月26日 Burning Man

a0014448_17143414.jpgここ最近なんかついてないなぁーと思っていたら朝にとどめの一撃をさされてべっこり凹んだ。欝な気持ちを抱えてKPSUのスタジオへ。たとえ感謝祭ホリデイで大学が閉鎖されようとも放送は続けられるのです。っていっても今日はどうせ誰も聞いてやしないんだろーって投げやりな気分に。しかもそろそろネタもつきてきたし、どうしたものやら、と思ってKPSUミュージックライブラリをJapaneseで検索してみると、意外とあったのが海外用特別編集のコンピアルバム。しかもちゃんとアメリカにも通じる感じのかっこいい曲たち!ありがとうソニーミュージック!ショーンもヘルプで駆けつけてくれたし、いっちょ今日もやるかー!ってな感じでKPSUスタッフも大好きポリシックスから放送を始めてみました。いつもはカフェテリアに流れるからなるべくみんなが好きになれるようなポップな曲を流すようにしてたけど、カフェテリア閉鎖の今日は何でもアリ★マスリスナー無視で深夜なノリで行こうと決めたので気楽にできたわ。

♪Today's set list♪
1, XTC / Polysics
2, Count five or six / Cornelius
3, Nothing gonna change / 電気グルーヴ
4, Tragicomic / DJ Clush feat. Aco, Twigy
5, Out Blues / Thee Michelle gun elephant
6, 水写 / Acidman
7, Sterebo Lights / Supercar
6, Everything needs love / Mondo Grosso
7, 花 / Mr. Children
8, 深海 / Mr. Children
9, Culture / thee michelle gun elephant

a0014448_17151992.jpgショーンがやたらミッシェルを気に入ってくれたのが嬉しい☆私が今まで流してたやつの中で始めてCDを買おうとしていたよ。でも解散しちゃったんだよっていったら「君の好きなバンドは解散してばっかりだね」っていわれた。そうだよ、まったく、私の中高時代の青春をともにしたバンドはほとんどが解散してしまいました。チーン。
その後はバーにおいしいオレゴンビールを飲みに行ったよ。やっぱりストレス解消にはおいしいお酒と気が合う友達とのおしゃべりが一番!朝はあんだけ鬱だったのに大分ハッピーになれた。そしてすごい話を聞いたんです。毎年九月にはネバダ州の砂漠の真ん中でBurning Man Festivalっていうヒッピーの祭典が開かれるんだって。そこでは何でもアリで、レイブやったりオペラがあったりアート展示があったりして、全裸にボディペインティングしたりネオンを体に巻きつけたりして参加者全員が傍観者じゃなく何かをアートするのがテーマみたい。さらにすごいのがそこではお金が使えないということ。全部物々交換で必要なものを手に入れるんだって!そしてフェスの最後には自由の女神よりも大きなBurningmanを燃やすらしい。写真を見たらどこまでも続く砂漠と空がとってもきれいで、その自由な夢のような空間にすごくいきたくなった。もしかしたら来年参戦するかも。

http://www.burningman.com (英語) 
[PR]
by oceangil | 2004-11-28 17:15 | Portland


11月25日 Thanks Giving

a0014448_7502288.jpg毎年11月第四木曜日は感謝祭!感謝祭というのは大地の恵みに感謝する日で実家に帰って家族と豪華なディナーを食べるのがアメリカの慣わしとなっています。木曜から日曜まで四連休になってこのシーズンは年一番のトラベルシーズンらしいよ。日本の盆・正月みたいなもので、この感謝祭の日にはほとんどのお店や機関が閉まるんです。しかもこの日はどうやら一人でディナーを食べてはいけない日らしく、何人かの友達から「サンクスギビング行くあてあるの?うちに来る?」って誘われました。TNPでも必須イベントとしてホームステイが義務付けられていて、私はPSUの副学長でありTNPスタッフでもあるマイケルリヤドン教授宅にお邪魔することに。彼の家はアジアのアンティークの調度品がいっぱい置かれていてまるで美術館のようなセンスのいい素適な家なのです。その豪華な雰囲気と副学長という肩書きに怖気づいて私はめっきり気疲れしてしまった・・・。ずっとアメリカンカジュアルにしか生活してこなかったのに久々にフォーマルなところに行くと肩まで凝っちゃうね。これで日本社会でやっていけるのか少し不安になりにけり。
さて、肝心な食事はリヤドンが一人で作り上げた男の料理!感謝祭のオーソドックスなアメリカ伝統料理をつくってくれて、ターキーにスタッフィングにマッシュポテトにグレービーソースとクランベリーソース。パンプキンパイにミンスパイに美味しい5年もののワインで乾杯★教授との会食らしく政治経済の話を肴にしながらお腹がはちきれるまで食べました。しかし!これから突っ込んだ話を聞いていこうと思ったところで酔いの効果とターキーの睡眠成分効果があいまってまだ7時前だというのにすっかりおねむzzz。結局9時には就寝してしまったよ。悔しい・・・。ちなみにリヤドンは白井総長とも奥島元総長とも知り合いらしい。リヤドンが日本滞在したときに総長との食事におよばれしたいなぁ☆☆なんて妄想を膨らませたのでありました。
[PR]
by oceangil | 2004-11-28 07:50 | Portland


11月24日 India & Latin America

a0014448_17405754.jpgポートランドに来て以来一番安くておいしくて量がいっぱいのお店を発見!!その名もTaste of India。これだけの量、ライスにタンドリーチキンにナンにチキンカレーにコロッケみたいなのにライスプティングまでついて、なんと4.5$!しかもその量ときたら昼ごはんに食べて食べ切れなくて半分残して夕飯にまた食べてもまだ残るという、なんと三食分になってしまうボリューム感なのです!!しかも本場のインドの味~♪(行ったことないけど)。その安さの秘訣はきっと屋台だからなんでしょうね。こっちではフードカーっていうらしいです。このお店がある界隈は他にもタイ料理とか色々なフードカーが駐車してあって、どれもおいしいみたいだよ。5thをバーンサイド近くに行ったところにあります。チェキラ★
a0014448_17501144.jpgさて今日はラテンアメリカの革命家チェ・ゲバラの青春の旅路を描いた映画Motorcycle Diariesをみてきました。いい映画だったー!!今年のOne of the bestです。ゲバラと友人が故郷アルゼンチンをバイクで出発してラテンアメリカを旅して回る中で、女の子を引っかけたりダンスしたりインカの遺跡を訪れたり地主に搾取された農民にであったりハンセン病患者の世話をしたりする中で社会に疑問を持っていくっていうあらすじで。愛あり笑いあり感動ありかっこいい男あり。ともすればゲバラを扱うことで政治的なレフティ映画になりかねないところを前述した要素でやわらかくカバーしてあって、それでいて見終わった後には「justiceってなんだ?」っていう固いテーマをしっかり考えさせられる、そんな映画でした。ゲバラがやった社会主義革命って言うのが良いことだったのか悪いことだったのかは私には良く分からないけれど、それでもゲバラのもっていた公平で温もりのあるピュアな人間性は見習いたいと思ったよ。熱いぜ、ラティーノ。
[PR]
by oceangil | 2004-11-25 21:34 | Portland


11月13日

a0014448_181617100.jpgハロウィーンが終わって街はめっきりクリスマスづいてきました。
今日は特に大きなネタがないので、一日を日記風に振り返ろうかと思います。

12時 起床。遅すぎるのでちょっと後悔。
1時 ファーマーズマーケットでお買い物。友達に会う。
2時 その友達に連れられベトナム料理屋さんでフォーを食べる。
4時 帰宅。勉強しようと試みる。
5時 モンゴリアンレストランに行く。ジンギスカン風焼肉食べ放題★肉質はイマイチ。
7時 映画を見に行こうとするも、見たい映画はすべてソールドアウト。
8時 なんか悔しいのでパウエル書店にいき、本を読む。知り合い何名かに遭遇。
10時 帰り道にセーフウェイに買い物して、パークブロックを歩いていたらスミスの前で名前を呼ばれる。何かと思えばKPSUの10周年記念パーティーが行われていた。フリーフード&ビール&karaoke&DJ。ビールをのもうとするとカレッジポリスにIDの提示を求められた。何もこんなとこで厳しくしなくたって(涙)。それにしてもKPSUのスタッフの人たち、向こうは私の名前知ってるけど私は覚えてないんだよねぇ・・・。今更聞けない・・・。
11時 ちょっと踊った後帰宅。Kailinaが「私は何をしたらいいのかわからない!」っていって騒いでいた。まぁ、落ち着けや。

ポートランド生活残り一ヶ月なのにこんなに計画性のない一日でいいのだろうか。
冬の寒さが身にしみるわ。いつのまにか周りはカップルだらけだし。 
[PR]
by oceangil | 2004-11-14 18:30 | Portland

    

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31