Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


カテゴリ:Study( 22 )



12月7日8日 Final Exam

7日
明日のグローバリゼーションにむけて図書館に篭ってお勉強。さすがにこの時期は図書館も人で混みます。でもでもなぜにみんな図書館なのにしゃべってるんでしょうか。スタディグループ用の机があったりしてなかなか騒がしかった。。。ずっと勉強してたら気もめいるわ!ということで夜はアンドリューやショーンたちとBush Gardenへ。ここはkaraokeバーにもなってる日本食レストラン。カラオケって言ってもボックスじゃなくて公衆の面前で歌うアレです。一応バーということでIDチェックされるかも、しかも日本人の店員にチェックされたらFake IDってばれそうだなぁ、ひやひや、とおもっていたら、IDチェックなしでした。ラッキー。そこでは偶然Kick Boxingの道場を開いている人や日本食レストランの経営者、三井物産現地部のマネージャーさんに出会いました。みんな日本を出てアメリカで活躍している人たちですね!「日本はもうダメだ!若者が変えていかなくてどうする!」ってひさしぶりに日本語で熱いお言葉をいただきました。そうだなー、日本に帰ったらしっかり考えていかないとなぁ。日本脱出とかいう前になんとかかえる努力をしなくちゃねぇ・・・。

8日
ありえないことに、起きたら12時35分でした。ちなみに、ファイナル開始時刻は12時半でした。まじで、ありえない。根性で速攻行って、45分には教室について無事テストを受けれることができました。ふぅ。寮に住んでてよかった・・・。それにしても、別に昨日も夜更かししたわけじゃないし、10時間以上寝てるし、目覚ましもばっちりかけたのに、おきれないとはぁぁぁぁ。よっぽど疲れたまってるんでしょうか、自分。でも休んでる暇はないので帰国まで気合で乗り切ろうかと!!!テストはまぁまぁ解けた。それで解答用紙にいい言葉があったので引用。

"The philosopers have attempted to understand the world. The point, however, is to change it" -karl Marx
"Be the change that you want to see in the world." -Gandhi


今までこの授業でいろいろグローバリゼーションに伴う問題と市民運動について学んできたわけですが、机上の理論で終わらすんじゃなくて実際にそこからどう行動していくかが問題なんですね。学んだことは忘れません。Thank you, Butz!

夜はジンスーにおいしい韓国料理をごちそうになった。日韓関係もうちら若者が変えていかないとね。日本に帰ってやることはたくさんあるな!
[PR]
by oceangil | 2004-12-09 16:44 | Study


11月30日 Final is coming

もうすぐファイナル、期末試験ということでみんな勉強に忙しくなってきた模様。私はと言うと、さすがにこっちにきて6度目の大きな試験なのでそろそろ慣れてきて、最低Bはとれるという確信のもと今のとこ余裕な感じです。いいのか?!Aめざしてがんばらないとなー。よいGPAをもらって奨学金をゲットするのだ!アメリカ人はみんなほんとに奨学金をもらっています。返さなくていいものも。私も欲しい。大隈奨学金が欲しい。さて、そろそろ引越しの準備もしなければいけません。ほんとは余裕にしてる暇はないはずなんだけどね。なんとかなるさー。です。Let it beです。Time is important? Life is important!です。心に余裕をもって生きましょう。ピース!!
[PR]
by oceangil | 2004-12-01 18:13 | Study


10月28日 Voting System

a0014448_191352100.jpg
今日は愛しのアンドリューにひさびさに再会した!夏からフランスに留学に行っててもう会えないかと思われたアンドリューですが、なんかいろいろあって帰ってきました。久々に会うアンドリューはとってもsophisticatedで優しくて頭がよくてほんとにほんとにやっぱりステキ☆再会の場を提供してくれたモリありがとう!!そんなアンドリューが投票用紙を持ってきていて、私もちょろっと投票に参加させてもらったよ。ここオレゴン州では大統領選挙は郵便投票方式なのです。2週間前から受け付けていて、11月2日に間に合えばいつ出してもいいらしい。あと、今回は大統領選挙にあわせて市長選や条例制定住民投票みたいなのもいっしょになってて、全部投票用紙は一枚のマークシートでまとめられているのです。なんてEASY。その条例制定には「Amendement 36, ゲイマリッジを違法とするかどうか」「Amendement 33, 医療用のマリファナを合法化するかどうか」なんて重要なものもあって、ここオレゴン州では大統領選ともども見逃せない選挙になっています。たぶん投票率は相当高くなるんじゃないか、という予想。で、アンドリューの意見と私の意見が合致したところは私にマークシートを塗りつぶさせてくれました。外国人ながら国政に参加できた気分♪
オレゴン州はいわゆるswing state、激戦州なのでとっても大事な州なのですよー!!全体の結果ともどもオレゴン州の国民の判断が気になるところですっ!!
[PR]
by oceangil | 2004-10-30 19:14 | Study


10月23日 Taking Home Exam

アメリカの大学にはTaking Home Examという試験方式があります。授業中にテストを配られてそれを家に持って帰って解いて次の授業で提出するのです。今回Globalizationの中間試験でこれがだされ、時間制限がないに等しい分いくらでも時間をかけられて、どこまでやればいいのかわからないので、この週末はずっとこのテストにかかりっきり。しかも文章題で30題です。マークシートかペーパーがよかったなぁ、なんていっててもしょうがないのでテキストとマテリアルとテストと辞書にらめっこして格闘。
こんなテストを解いてるとついついどうでもいいことを調べたくなります。
今日ふと「英連邦」が気になってしらべてみたら、どうやら世界の50数カ国、人口の30%は英連邦の加盟国らしいですよ。知ってた?カナダやオーストラリアやニュージーランドも英連邦なんだけど、だから彼らは自分たちはBritish Englishをしゃべっていると思いたがるんだね。アメリカや日本にいるとアメリカが世界の中心だと思いがちだけど、実はそんなこともないんだよなぁ、とつくづく思います。

ウィキペディアより、イギリス連邦
http://ja.wikipedia.org/wiki/イギリス連邦

さて、勉強に戻ろう・・・。
[PR]
by oceangil | 2004-10-24 16:54 | Study


10月22日 Republican

a0014448_16271077.jpg大統領選も近いということで今日も政治ネタ。興味ない人ごめんね。リベラルなPSUではみんなケリー支持者。でもアメリカの50%近くはブッシュ支持なんだよね、なんでだろう、リパブリカンと話がしてみたい!と常日頃思っていたら、今日授業の帰り道にキャンパス内にリパブリカンのブースを発見!ブッシュ支持を訴えてるじゃありませんか!これはいい機会だと早速取材開始。
「なんでブッシュが好きなの?」
「彼はアメリカを平和にしたからさ!!9・11の後アメリカではテロが起こっていないだろ?」
「・・・。イラクではたくさんの人が死んでるけど?」
「最小限の犠牲は払わなければいけないんだよ。そんなことより、君もPSUの共和党支持者学生団体に入らないかい?」
「どんな活動をするの?」
「討論会を開いたりとか、、、あと、森に銃を撃ちに行ったりするんだよ!きもちいいよ!」
と、銃を撃つまねをする彼。うーん、まさにリパブリカン。
彼によるとPSUは民主党支持者ばかりでとっても不公平だとか。マイケルムーア糾弾のパンフレットも配っていたなぁ。しかし、華氏911度は見てないんだって。うーん・・・。
そしたら他に二人ブースに近寄ってきて、興味のそぶりをしている。え?この人たちもリパブリカン?よし、取材!
「あのー、あなたはブッシュ支持者なの?」
「うん、僕はカナダから来たんだけど、カナダはsocialistの国で税金が高いんだ。だから小さな政府のアメリカのほうが僕はいいんだ」
うーん、なんだかごもっともな意見だけど、、でも、ほんと?カナダの人ってだいたいブッシュ嫌いじゃない?
すると、リパブリカンのブースを出していた彼がトイレに行くからちょっとブース見張っててくれといってその場を離れた。
「ねぇ、あなたはほんっとうにブッシュが好きなの??」カナダの彼に聞いてみる。
I Do Not!!!]
なんだ、やっぱ嫌いナンじゃん笑。どうやらリパブリカンの彼をおちょくって遊んでいたそう。そして彼がいない隙にブッシュの立て看板と一緒に記念撮影パチリ。危うくブースを破壊するところだったけど良識で思いとどまる。

もう一人の彼はソマリア大使の息子。日本にも駐在していたそう。超金持ち発言をしていたよ。飛行機はファーストクラスに乗らないと息が詰まる、とか。ならなんでPSUなんて庶民大学にいるのってかんじだけど。ソマリアは戦争でひどいことになって戦争のひどさを知っているからブッシュはダメだって。PSUアフリカ学生会のプレジデントでもある彼はとってもおもしろいひとでした。

結局私の中のリパブリカンのイメージは変わらないなぁ。どこかに論理と知性でもってブッシュの良さを語ってくれる人はいないものかしら。
[PR]
by oceangil | 2004-10-24 16:45 | Study


10月19日 Michael Moore @ PSU!!

a0014448_1531488.jpg今日は今をときめく映画監督、マイケルムーアがPSUにやってきたよ!!念のために説明すると、マイケルムーアは華氏911度やボウリングフォーコロンバインの映画監督でアンチブッシュ、アンチリパブリカンのとってもリベラルな太っちょおじさん。その風貌はしごくどこにでもいそうなアメリカ人。トレードマークはキャップ。見かけどおりにしゃべり方もとってもカジュアル。でもしゃべる内容はとってもシニカルでクリティカルで、おもしろい!
今日の公演内容は、選挙まであと2週間ということで「みんなケリーに投票するんだ!」ってことだった。いかにイラク戦争が悲惨か、戦争で兵士の兄をなくした人まで登場させて語り、アメリカの過ちを訴え、共和党と石油と武器産業の癒着について言及し、FOXテレビとリパブリカンとブッシュをおちょくり、自分の本の宣伝をして、ゲイに権利を!って言って一時間半くらい話して帰って行ったよ。ムーアのすごいことは、まじめなテーマの話をしていてもシニカルなアメリカンジョークでもって笑わせながらテーマについて考えさせるところだよね。例えば、ケリーはベトナム戦争の英雄ではなかったという共和党の主張をおちょくって、「ケリーはベトナム戦争で三回しか負傷してないんだ。だからケリーはダメだ!(これ逆説)」とか「ケリーはベトナム戦争で死んでないから英雄じゃない。なんで生きてるんだ!」とか言っていた。はい、ちなみにアメリカンジョークは理解するのが難しいので笑えないこともちらほら。これが笑えるようになったらあなたも一人前といえるでしょう。あ、あと彼は新作映画のためにファイザー製薬について調べているらしいんだけど、それがファイザーに知られて彼の目撃情報を社内に伝えるための「マイケルムーアホットライン」がつくられたらしいから、そこにイタ電をみんなでかけよう!っていって電話番号を言ったらみんなメモしていた。そんな2chじゃないんだから・・・、訴えられるよ?w。
a0014448_15522154.jpg会場には何千人か来ていてビルの屋上まで人がずらり。リパブリカンも来て「ブッシュブッシュ!」って叫んでたなぁ。それでムーアが「あそこにリパブリカンがいるぞ!」っていってみんなにBooooっていわれていた。つくづく謎なのは、なぜ彼らはブッシュを支持するのか、ということ。クリスチャンでもなくて利益団体でもない一般アメリカ市民はなぜブッシュを支持するのだろう。そういう人と一回がちんこトークがしたい。今のところ支持率はブッシュとケリーほぼ互角、ブッシュが少しリードっていうところ。ネーダーがいなかったらケリー勝ちそうなのに!!ムーアも、「ラルフは友達だしいいやつだから支持するのは分かるけど、今回はブッシュを倒すためにも彼に投票するのは思いとどまれ!」って諭していた。
なんだかこのままブッシュが勝っちゃうんじゃないかっていう嫌な予感がする大統領選挙。世界の未来はいかに。
[PR]
by oceangil | 2004-10-20 16:03 | Study


10月15日 American Medical Service

結局ワシントン大学での入院は一泊総額50万円だったそうです。
アメリカでは医者と病院と別に請求されるらしく、病院には40万円ほど支払って、医者は計六人に診てもらって合計で10万円ほどだったそう。これにポートランドのOHSUで診てもらったので10万円くらいまた上乗せされるっぽいので、合計で60万円かな。高!!ワシントンだから割高みたい。
改めて保険に入っててよかった。もし手術なんてことになってたら一回で2万ドル3万ドル請求されるらしい。車が二台買えちゃうね。

それにしても、こんなに高いアメリカの医療。国民健康保険もないので民間の保険会社に入るしかなく、お金がない人は保険にも入れないから病院にもいけないそうだ。友達でも高い保険にはいってないからって怪我しても病院にいかない人がいる。

そこで、アメリカの医療と保険についてほんの少し調べてみました。
アメリカでの保険未加入者は人口の四分の一!その理由は高額な保険料。一家庭当たり月に20万円くらいかかったりするみたいです。そんなの払えませんよね。さらに、未加入者の90%はマイノリティの家庭だそうで。こんなところにも人種問題が絡んでくるわけです。
そして高額な医療費。虫歯一本抜くのにも数百ドル、子供一人産むのには300万円。さらに入院費はバカにならないのでよくなる前にすぐ退院。
もっともやはり医療は高度みたい。
留学生の友達がこっちで親知らずを抜いたらしいんだけど、うまい医者でまったく痛くなくてアメリカの高度な医療を実感したって言ってたなぁ。まぁ、十数万円かかったそうだけど。
あと、ドクターもアメリカらしくフレンドリーでいいと思う。日本の医者は偉そうな人が結構いて(いい人ももちろんいるけど)、たまにムカムカしていたものですが。

今回お世話になった保険屋さんによると、日本の保険会社でも会社によってはきっちりとした書類(レシートとか)がないとお金を出してくれなかったりするし、東京の本社では基本的に払いたがらないのを、その保険屋さんはお客さんの立場に立って考えて東京に抵抗するようにしてるんです、っていってた。だから保険会社もちゃんとしたところを選びなさいって最後はセールストークのようだったけどw。

Anyway, こんなに高い治療費を全部カバーしてくれる旅行保険ってステキ。これがある限り日本で病院にかかるより安いわけだし、何か自分の健康に不安があったら病院にいって相談してみたらいかがでしょうか?>留学生 
[PR]
by oceangil | 2004-10-17 17:02 | Study


8月17日 出ました

成績。
ESLとSociology of Mediaは予想通りAでした。わーい☆
History of RockはCだった。落とさなくて良かった!!!

春はESLは遅刻のせいでBで、あとはSociolinguisticがAにIntro to SociologyもAだったんだよね。なのでGPAはけっこう良いはず。

夏はだらだらしてると終わるなぁ・・・。
[PR]
by oceangil | 2004-08-20 10:19 | Study


8月9&10日 Summer Term Almost Finish! One more...

a0014448_17411740.jpg夏休みはもう目前!9日にHistory of Rockの試験を受けて、10日にはESLの授業も終了。残るは木曜のメディア社会学!早くすっきりしたい!
それにしても、History of Rock、、、やはり強敵だった。楽チン授業だと思って取ったのに、実際授業自体は楽だったけどテストはシビア。。。リスニングテストで聞いたこともない曲を流されて、誰の曲で何年に発表された曲でしょう?!なんていわれたってわかるわけないやんかー!!シングル曲とかヒット曲ならまだしも、アルバム曲流されたって、かろうじて誰の曲か分かったとしても何年のアルバムかなんてよっぽどのファンじゃないと分かりませんよね?テストの前に教授に個人指導をお願いしてリスニング練習したものの惨敗だったわ。でもそこで教授自身の口から明かされた事実。この授業は留学生にはお勧めじゃない授業だった!!カリフォルニア訛りと早口なため英語が聞き取りにくいと評判で、ロックの事前知識がなかったら何いってるかさっぱり分からないらしい。科目登録アドバイザーにもし相談したら止めたほうがいいよ、といわれる難易度だとか。あたしのリスニング力の問題かと思ってけど、教授のしゃべり方が悪いんだな(苦笑)。
秋学期の科目登録するときはアドバイザーを有効活用しようと思ったよーこでした。
[PR]
by oceangil | 2004-08-11 17:42 | Study


8月4日 Sudan

今日は授業でプレゼンしたり、KPSUのオリエンテーションにいったりしたわけですが、それよりもっと書きたいことがあったのでたまにはまじめなテーマで書きます。
普段はあまりテレビを見ない私ですが久々に夕飯を食べつつTV Newsをみてたらスーダンの民族浄化のことについてやっていた。そのニュースではスーダンの現在の状況を説明するVTRが流れた後にスーダン大使っぽい人と中継をつないでいたんだけど、この大使が話している途中でものすごく興奮してきて、世界に対して怒り始めたんだ。スーダン南部は内戦がひどくて現在世界で起こっている問題で最悪とも言われる状況になっているんです。何百万人という人が難民になってて、疫病と食糧不足でこのままだと百万人がまもなく死んでしまうそうな。それで彼が怒っていたのは、こんなにも大変な状況になっているのにメディアでは一面で取り扱ってくれることもない、ユダヤ人が何百万も殺されたら大ニュースになるのにっていうこと。たしかに日本の新聞の国際面でチラッと読んで知ってはいたけれども、イラクとかと比べると扱いが断然小さいし、New York Timesで最近これに関する記事はあるか調べたけれども全くのっていなかった。こういう状況になっていることをどれだけのアメリカ人、日本人が知っているんだろう??そして思ったのが、これはまさに今メディア社会学の授業で学んでいるメディアと政府とビジネスのコネクションによるメディアバイアスだなって言うこと。イラクはいろんな人の利権があるから大きく報じているし、アメリカもフセインを倒そうとしたけれど、スーダンでは何百万もの人が虐殺されているのに利権がなかったからほとんどメディアからは無視されていた。最近石油が発見されたらしいのでどうなるかわからないですが。
世界にはこのようにメディアではあまり取り上げられない事実がいっぱいあるんだよね。だからブログ界でSudanの惨状を伝えるサイトにリンクを張ってgoogleでの検索順位をあげて世論を高めるという運動があるらしい。チョムスキーはindependentでfreeなメディアが世界をバイアスのない正しい方向にもって行くといっていたけれど、ブログはそれに貢献できると思うのです。というわけで近々そういう系のブログにリンクをどんどんはていこうかと計画中。
さて、明日までに社会学の課題読書あと100ページ読まなければ(涙)

スーダンの現状(英語)

Yahoo! News, Sudan
ただでいろんな記事が長く読めてアメリカのヤフーはすごい。日本の記事の長さとは全然違って新聞並み。ちなみにアメリカの新聞のサイトはいちいち登録しないと記事が読めなくなってて非常にめんどくさい・・・。
極東ブログ
ニュース評論系ブログ。なかなか有名だと思われる。
[PR]
by oceangil | 2004-08-05 14:09 | Study

    

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31