Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


10月11日 バイトのおつかい

私のバイト先では仕上がった原稿を納品しに出版社におつかいにいくことがあります。
バイトは基本的にパソコンや机に向かった作業中心になるので、おつかいにいくのは気分転換になるから結構好きだったりする。
しかし、今日は三社もまわらされてちょっとぐったり・・・。

一社目→馬場にある小さな出版社。馬場ならチャリでいける範囲なのでメッセンジャーになりきりチャリで配達。片道20分程度だからちょっとした運動にもなって◎なのです。交通費も浮くし、、、ニヤリ。

二社目→汐留にある大手出版社。汐留の夜景って本当にきれ~☆☆ゆりかもめの新橋駅から汐留駅まで続いてるデッキを歩いてたら、そびえたつ近代的高層ビルの大群に囲まれて近未来都市にきてしまったようで大興奮しちゃった。(←田舎者) 前汐留でバイトしてたからよくきてたのにきづかなかったわ。暇なときは是非汐留の夜のデッキを歩いてみてください。そうとうロマンチックです。
さて、この会社、就活も含めて私が訪れた出版社の中で一番きれいなオフィスだった!!!出版社ってのは概してぼろいもんだというイメージが一気にくつがえされた。大企業も入居してる新築オフィスの24Fとかにあって内廊下もじゅうたんひいてあるしね。儲かってんのかな。
キレイなオフィスで働けたらそれだけで仕事へのモチベが上がる気がする。これから就活のみなさん、オフィス環境も会社選びの大事な指標ですよっ!

三社目→後楽園にある小さな小さな出版社。というか、なぜかエレベーターが該当階に止まらず、非常階段でのぼっていったら鍵がかかってて入れず。しかも電気消えてるし。あがー!!泣く泣く原稿持ち帰りました。。。


出版社ってのは、一握りの大手出版社の他は社員数10人以下の小さいところがほとんどなんです。実際ワンルームくらいの広さのオフィスしかないようなとこがけっこうあるんですよ。こんな小さなオフィスから日本中で読まれるような本が作られてるかと思うとなんだか感慨深いもんです。
[PR]
by oceangil | 2005-10-12 23:51 | 働きマン

<< 10月12日 チャーリーとバンザイ      10月9日 野外レイブってやつ >>

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30