Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


6月17日 私がやってるインターンとは。~株主総会と外国人投資家

私がやってるインターンについてあまり説明をしてなかったような気がするので、ここであらためて説明します。
一言で言っちゃうと、株主総会における議決権行使のアナリシスをやっております。顧客は外国人機関投資家です。つまり、最近話題の「モノいう株主」である外国人投資家が企業にモノを言うための判断材料を分析するお手伝いをしているわけです。
ん?これでもまだわかんない?
それじゃ、まず株主総会とはなんぞやってことを見てみよう↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/株主総会
だいたい会社は4月~3月31日の期間でもって決算するのですが、その決算を株主に承認してもらうための場が株主総会で、日本では6月の最終週に集中して千以上もの会社が株主総会を開きます。企業同士で株の持ち合いをしているうちはこれでよかったのですが、個人投資家やモノを言いたい外国人株主はこんなにも多くの会社が同時に株主総会を開いたら困りますよね?全部いけないし、その資料(招集通知)を見て、会社の提案にどのように賛否を下すか考えるのも大変です。
そこで私がインターンしてるような議決権分析代理、議決権行使代理会社の出番なわけです!
例えば「今年の株の配当金はいくらになります」とか「合併したいんですけどいいですか?」とか「こういう取締役を任命したいんですけどいいですか?」とかそういう議案があって、それに対してForとAgainstをあるルールにのっとって分析するのです。ルールは社外秘だから内緒。

このインターンで日本の会社についていろいろ学ぶことが出来ました★
何千という招集通知の山をみると、日本には上場会社がこんなにもあったのね~!!と驚かされます。そして役員になっちゃえば社長→会長→相談役→監査役などのようにいくつものポストがその先に用意されていて、その度に退職金がもらえること、天下りは本当にオイシイことに気付かされます。会社のもたれあいも本当に多い!さらに今年はホリエモンのおかげで敵対的買収対策でポイズンピルを発行する会社が多いです。そこは当然モノ言う株主代理たるものガシガシモノをもうしていますよ~。
しかし会社もモノ言う株主をうざがっているのか、今年は外国人株主比率の高い会社に限って招集通知が来るのが遅いって我らがCEOがぼやいてました。ギリギリにこられるとほんとに分析するの大変なんすよ~!!!

そんなこんなで企業統治のあり方について日々学べるインターン。
来年からの仕事にも大いに役立ちそうです。
[PR]
by oceangil | 2005-06-18 00:30 | 働きマン

<< 6月18日 インターン終了&内...      6月15日 大学四年生が働いて... >>

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30