Oceangirlish Journal ~エンジョイワセダ編


6月11日 それぞれの留学のカタチ

オール明けでダルイ体でインターンへ行き、今日も終電近くまで仕事かとおもいきや、6時で終わって幸せ気分♪ アイセックの後輩で9月からアイルランドに交換留学に行くキエちゃんの留学相談に乗りついでに鳥やすで焼き鳥満喫してきました★
留学といっても私のような集団で行く楽ちんプログラム留学から、わりと大変な交換留学、遊び気分の語学留学とか色々あると思うんですが、キエちゃんは楽め語学プログラム留学を申し込んだつもりが実は大変な交換留学っぽくて悩んでいるらしい。どうやら、私が留学に行った翌年度から大学の留学システムが変わり、推薦状や良い成績が必要など留学自体に高いハードルが課されるようになったのと、新設の国際教養学部生中心の留学制度になったことで他学部生向けのケアが無くなり、非常に不親切になったらしい。私のときには「留学準備講座」なるものが開設されていたものだけど、今はないんだってー!前準備なしでいきなりポンと放り込まれるらしい。しかも、国際教養学部生は普段から全部英語で授業を受けてるから慣れてるけど、他学部生なんてろくな英語の授業受けてないからスタート地点が違うし。留学したいなら国際教養学部に入れってこと?!状態らしい。(ちなみに国際教養学部は一年間の留学が必修)。そんなこといったってうちらの年度にはそんな学部なかったっつーの。
で、キエちゃんの大学は日本人がほどんといなくて、うちの大学から留学生を送り込むのも初で全然情報が無いんだって。それなのに一年間分の科目登録をもうしなきゃいけないらしく、しかも1セメスターに付き5科目もとらなきゃいけないらしい。大変そう!!!!!俗に言う「毎日徹夜で勉強して遊びにも行けず、泣いてばっかりの辛い」留学になるかもしれないね、って留学センターの人に言われたらしい。あいやー!!
私の場合、想像したよりもずっと楽しい留学生活がおくれたから、辛い壁を乗り越える覚悟で望んだのに拍子抜けってかんじだった。辛い分いろいろ成長するものもあるのかなぁって期待して行ったけど、サポート体制がすごく整っててまわりに仲間がいつもいたから大変なときもそれほど辛いとは思わなかった。「自分の限界に挑戦」するつもりだったのに、限界なんて見えなかった。人といい立地といい随分幸せな環境にいたと思う。でも、その分成長し損ねた感もあるかなぁ。
キエちゃんは苦労もいっぱいするかもしれないけど、その分得るものも多いと思うし、新しい世界をいっぱい見て成長して、たくましくなって帰ってきてほしいと思う。
留学生がんばれっ!!
[PR]
by oceangil | 2005-06-13 00:18 | 日々の生活

<< 6月14日 仕事と時間      6月10日 Connect &... >>

ヨーコの大学生日記。ポートランド州立大に交換留学後、必死の就活の末マスコミに就職が無事決定。学生最後の一年をいかに充実したものにするか考え中。
by oceangil
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31